【日本国内/海外】Airsoft 関連 メーカー・ブランド一覧

業界MAP的な観点を得たく、一覧作業を実施してみました 日本やチリにおいて実店舗やネットショップにて購入可能だと思われるAirsoft関連商品を取り扱うメーカー及びブランドを順不同で記載してます。正式な会社名称を使用していません。特にメーカーとブランドの垣根も考慮外です。羅列したのみです。(感覚的に自社製品があれば記載しました) エアガン(レプリカ)の取り扱いが主体 / パーツ関連が主体かで区分けます。最後に、その他販売関連についても備忘として載せます。 ■国内 (エアガン) メーカー・ブランド名 サイト東京マルイhttps://www.tokyo-marui.co.jp/company/KSChttps://ksc-guns.co.jp/ウエスタン・アームズ(WA)https://www.wa-gunnet.co.jp/タナカワークスhttp://www.tanaka-works.com/マルシン工業http://marushin-kk.co.jp/タニオ・コバhttp://www.taniokoba.co.jp/KTWhttps://www.ktw-co.com/マルゼンhttp://www.maruzen-aps.com/SⅡShttp://www.s2s.co.jp/TOP JAPANhttp://top-airsoft.co.jp/SYSTEMA PTWhttp://www.systema-engineering.com/   ■国内 (パーツ関連) メーカー・ブランド名 サイト…

続きを読む

簡易型 墨入れ作業 油性クレヨン

コロナウイルスの猛威に当地チリでも全く先が見えない状況が続いている前記事等でも記載しいてるが、夜間外出の禁止に加え、日中も首都中心街は外出禁止だ。 とは言え、経済国・先進国と違い、南米のような発展途上国では残念ながらロックダウンや自粛、自宅待機、外出禁止…を継続することは不可能に近く、職を失った人、事業継続に困っている経営者で街が溢れかえる前に、政府は対策を取ろうと懸命であるつまり、経済活動のスタートを見越して、一定期間のウイルスとの共存が試み始めようとしている。サバゲーフィールドも例に漏れず、今月15日より営業を再開することがスタッフ経由で教えてもらった。正直1ヶ月以上経過し、サバゲー欲は日に日に増すばかり。恐らく開場後は、自分はウイルス対策を綿密に行った上で参加することになるだろう… さてコロナに愚痴っても意味がないので、今回は、 油性クレヨンを利用した 墨入れ作業を行う。 これは墨入れ作業の中でもかなり 有名 且つ 簡易的 なもので、用意するものは、油性クレヨンとシリコンスプレーとティッシュのみ。 もう少し難しそうなのは以下記事参照 M4A1の刻印に墨入れ上記記事では マーカーペンとハンドクリームを利用している 今回は暇な時間でサクッと実施できる方法である 例として 先ずは 電動ハンドガン glock18c を参考にする好きなクレヨンで刻印箇所を擦る 結構大雑把で良いが、刻印の凹みに上手くクレヨンを詰めると仕上がりが綺麗になると思う 最後に、シリコンスプレーを塗布したティッシ…

続きを読む

【フィールド紹介】Fusterland【in Chile/Santiago】

先日、私が所属しているチームとは別の、airsoftコミュニティ内にて、以前紹介した FuerteBulnes ではなく、遠くのフィールドへ出掛けたので簡単に紹介します。 首都Santiago中心街から南へ車で一時間程走らせた場所にあるフィールドはFusterland aisoft と言います。 一見かなり遠そうに見えますが、近くまで高速があり、ぼけっと外の風景を眺めていると直ぐに到着しました。(というか運転して頂いているからかもしれませんが…) こちらが事務所。家族経営なのか…平屋建ての家はかなり綺麗…。尚、トイレもこの中なのですが、綺麗過ぎました。但し家のトイレなので一個だけ…参加料金は 5000peso (約750円)には変わりなし。チリは一律この値段。安い…物販類もこの事務所にて行っていました。パッチやBB弾等。飲み物はほぼ売ってないので、持参が必要な様子 セーフティの様子。チリは椅子を用意しないのがデフォ。あるのと、ないのでは違うのになぁ 尚、ここもセーフティ内の空撃ち禁止を謳ってますが、余り守られてはいないみたい…用心の為、ゴーグルは常に着用してました。尚、弾速テストは一応実施しました。ARは380-400FPSぐらいが上限のはず。 フィールドに向かう途中で人間サイズの人形を発見。これはゲームモード:レスキューにて実際に使用しました。テロリストが潜む森に墜落したヘリの兵士(人形)を、部隊が救うというゲーム設定。復活回数が限られており、森の中でのゲリラ戦になった挙げ句、私はそ…

続きを読む

【M14 socom】軽量化作業

COVID-19対策で、我が在住の地チリ含め、南米諸国が鎖国を開始国内も50人以上の集会・イベントが禁止され、大型ショッピングモールも一時的な閉鎖状態となっている(スーパーのみ営業するみたい…)前述の影響でどのサバゲーフィールドも暫くは閉鎖だろう既に2週間の閉鎖を表明しているフィールドもある。時間の問題だ… とは言え、サバゲー出来ないからといって暗い気持ちで引きこもっても意味はないのでサバゲー再開に向けて、色々と用意していこう。 先ずは先日HopUpで購入した中古のM14。日本からの物資が届いていないので内部カスタムは見送り中だがロマンを捨てて 軽量化 を進めていく。 現状 3kgオーバーのM14socomを運用するのに私の筋肉が不足しているのでどうも重さに釣られてプレーが雑になるのが嫌だった。ということで致し方なく射撃精度に影響しない箇所の削減作業をしていくことにする以前にも HK417 で軽量化を実施しており、ロマン要素の切り捨てには慣れている…(慣れてはいけないのだが…) 外装系の分解については以前の記事を参照 【M14 socom】パッキン交換作業 & FET化 & 簡易分解 先ずはフレーム周りの外せる金属部品をどんどん外す。基部を分解して、フレームだけにした状態からスタート 私はスリングは使わないので、前方のスリングを取り付けるリングを外すネジ2本を外すと、上記リングプレートと共に、裏側のネジ止めが外れる 既にロマンが薄れつつある… 続いてフレーム後端の二…

続きを読む

T238 DTU Programmable MOSFET 導入作業

今回は 巷にてやんわり噂になっていた T238 ver.1.5 という"Programmable MOSFET Electronic Fire Control Module"つまるところ DTU (digital trigger unit)を入手したので導入してみる 電子トリガーには様々であるが、Ares/EFCS, G&G/ETUといったエアガンメーカーが作成した電子トリガーを筆頭に、パーツメーカーとして、Big-Out/DTM, 不知火商店/陽炎, GATE/TITAN最近では PerunAirsoft がAisoft97等を介して perun(FCU)を販売している(FCU…Fire Control Unit 呼び名が沢山…)個人的には G.A.Wが販売している Jefftron/Leviathan が気になっていた。 私は光センサー制御の媒体を導入したことがなく、この T238 が初めて。何箇所か躓きながらも、問題なく導入できたので以下の記事にまとめる。 尚、本媒体はAliexpress で購入T238 プログラマブル MOSFET 電子火災制御モジュール価格はセール時の3,500円で購入。正直4K前後でDTUが入手できるのは驚きを超えて心配。 ⇨ perun/1.5万 , TITAN/2.4万 , DTM/1.7万程なので安さが際立つ… 今回は実験対象として またまたHOPUPアプリで入手した M4(MK18) で挑戦。こちらの価格もなんと 5,000円。モーターが欠品と…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク