【HK416】次世代_軽量化カスタム①ハンドガード

新年明けて 2021年 初っ端は東京マルイ製 次世代電動ガン HK416D の記事から開始 以前、HK417 の記事を幾つか掲載しているが、今回のHK416 は 最近 私の中で 一本化しつつあるテーマ "軽量なエアガン" の題材としたい ▽過去記事HK417でも軽量化は ハンドガード周辺、リコイルオミットと続いたが、HK416でも同様に進めていく形となる。手始めにハンドガード周辺を分解し、BB弾の発射機構としては不要なダミーのガスチューブ等の取り外しや、ハンドガード自体の交換作業を実施する。 先ずは本体 今回も中古で購入。傷などは少なく美品な感じ。次世代電動ガンは優秀なメカボ ver.2改を備えているものの、基本的に重いのがネックと言われているとかいないとか 初期重量は2.9kg (マガジン、バッテリー、アイアンサイトなし) 軽量化の課題となるのか先ずはハンドガード周辺10inchぐらいの初期ハンドガードは個人的にあまり好きではないので交換していくまた併せて 発射機構として不要な ガスチューブ、ガスブロックも外す HK416特有のネジを一本外すしかしこれが非常に硬く、一つの関門でもある本来は専門工具を使うべきではあるが…今回は自力で対応 潤滑スプレーを塗布し、ドライヤーで熱してネジロックを溶かしながら百均で販売していたプライヤーでグイっとやると外せた ハンドガードを外した状態アウターバレル周辺にあるダミーのガスブロック等を取り外す 先ずはガスチューブの本体側の根元を引き抜く ハ…

続きを読む

【M&P9c】インナーバレル交換

今回は作業備忘録 少し前に購入したガスハンドガン用 インナーバレル 138mm をWe-tech M&P9c に導入するコンパクトな見た目でバレルが長いとか…恰好良いのではという若干とち狂った考えだが、、、いざ実践 分解自体は容易で以前の記事でも扱っている ⇨ 過去記事 ホップダイヤル動作改善_チャンバー加工 尚、交換予定のバレルはこちら (一応メイプルリーフ製) MONSTERというブランド 138mm インナーバレル恐らく年代物のバレルでもはや検索しても 詳細は不明。メイプルリーフが過去にしていたセット売りのような…感じだろうか珍しい??のは パッキンも付属してくること一先ずメイプルリーフなら大丈夫でしょ…という安易発想余り出番のない M&P9c に少しでも光よ当たれ 交換作業は当然容易である サクッと交換し完了 おおお…良い感じに飛び出ている…一角のような見た目このままでは見目麗しくないので、以前購入したサイレンサーアダプターを利用 ⇨ 過去記事 SLONG AIRSOFT サイレンサーアダプター 11mmCW → 14mmCCW 少し長めのサイレンサーを装着して…どうだろうか…微妙か 尚、初速は0.25g で 70m/s前後気温は12月初旬の東京…屋内15℃くらいだろうか 一先ず屋外で弾道等をみるのは春になってからだろうか果たして 光は当たるのか…また結果を記事にしようと思う

続きを読む

PDWストック"XM-T01"組込

今回は ストックに焦点を当てた記事 これまで私にとってのストックに立ち位置はバッテリーの格納場所である見た目どうこうよりも 如何に 配線に対して"余裕"をもってセーフティで"楽に"バッテリーを格納できるかということが重要だと考えていた。 結果として APS製 RS-1 ot RS-2 といったストックを重宝した(最近で言えば LCT製 LTSストックも同様である) しかし短いM4を作りたいという欲望の元外装へのこだわりが少し心に垣間見えたタイミングで今回の対象である PDWタイプのストックに焦点を当ててみた 購入したのは Aliexpress にて販売されている ⇨ XM-T01 PDWストック 尚、先に報告するが、中華メカボの型式としてJinming8 (XM316) と Jinming9 (416・556)のある2種が存在するようだが、一般的な M4 のストックパイプと互換があるのはするのは後者のようだ 上記のURLは 前者のタイプで私はこれを購入してしまったので無駄な作業が存在したので、もし購入する場合は後者が良いと思う(型番は XM-T01a となるようだ) 早速装着作業を行う 箱の中には 説明書はなく、ストックが鎮座しているだけ(上記以外に固定用プレートとピンが付属していた) ワイヤーを伸縮するためのボタンストックの下部に存在する 装着に向けて、先ずは伸縮ボタンを押してワイヤーストック部とパイプ部を分離させる ストックパイプ部と 伸縮ボタン部は 上部のネジで固定する…

続きを読む

【B&W_G17】チャンバーアセンブリ見直し

この備忘録を書いている今現在、もはや秋の暮れ、ほぼ冬に突入した時節となりHFC132A等を主体とするフロン系GBBハンドガンは使いにくい状況ではあるが、 この夏にB&W製(Poseidon製) glock17 に施した内部カスタム等を備忘録に載せておこうと思う基本的にチャンバーアセンブリに関わるところだ 今回はインナーバレルの交換、チャンバーの交換、スプリングガイドの交換そして バレル延長に伴って飛び出したバレルを隠す対策を実施した 先ず最初にチャンバーは GUARDER製 のエンハンスドチャンバー所謂、強化チャンバー(ホップアーム付属)に変更した ⇒ 中古安価で入手したのだが…恐らく旧ロットなんじゃないかなぁと思うホップダイヤルは付属しなかったので純正を利用 ポセイドン製チャンバーの精度は悪くなかったのでこの変更が与える影響はそこまで大きくはないと思うが…余っていたので勢いで変更した ホップアームは 純正の方がパッキンに対してホップが強くかかるようになっていたが、アルミテープをパッキンに1巻程することを考慮し、ホップアームに関しても GUARDER製を採用した 組み込みの際に、インナーバレルを変更B&W製から Ace1Arms製 6.01mm 118mmに組み替えたヤフオクで1000円程…安価である バレルを比較すると上記のような差がある尚、Poseidon製インナーバレルは どうやらある程度の拘りがあるようでもしかしたら、、、純正のままの方が良かったのかもしれない…

続きを読む

ピニオンリムーバーを購入_ノイズ実験

出番の少ないツールは世の中沢山あるが、今回 記事にする ピニオンリムーバー もその一つだろう ピニオンリムーバーはモーターのピニオンギアを交換するためだけに使用されるツールで圧入されているギアを リムーブ(取り外し)したり、逆にギアを圧入するのに使われる。実際に摩耗したギアは ベベルギアとの間でノイズを引き起こし、その影響は次第にメカボックスを侵していくので早めに交換する必要があるのは事実 一先ず、今回はピニオンギアが摩耗したサマリウムコバルトモーターを使ってどのような変化を引き起こすか実験してみたいと思う 先ずはこれがリムーバー本体であるelement製や イーグル模型製等 種類は複数あるが、私は WADSN製 を選択 ⇒ 購入先 Aliexpress ピニオンリムーバー 本体の他に、マニュアルと、圧入時に使用するパーツが含まれていた 今回実験に使うのは東京マルイ製のサマリウムコバルトモーターと EG-700モーター後者のモーターからは 美品のピニオンギアを拝借する 先ずはピニオンギアの摩耗具合を比較してみる左が サマコバ 右が EG-700この差がどのような違いを生むだろうか 別視点からみてもあきらかに摩耗しているのが分かる どの程度撃った後なのかは、サマコバ自体が中古なので不明 説明書は中国語と英語のみ 大体みれば分かるけども…一つだけ言わせてほしいマニュアル写真に使うモーター、もう少し綺麗なのなかったのかな!!横とか凄い擦れてるけども…どうしたらこうなるんだろうか日本と…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています