【SPECTRE】T238 DTU V3用 導入

帰国したら手始めに実施したかったことの一つがVer.3メカボの T238 DTU 導入である。 Ver.2については以前実施したことがあったのだが、 参照⇨  T238 DTU Programmable MOSFET 導入作業 Ver.3については初めての経験。これまで プリコックFET を各エアガンに取り入れているが、同じ3000円ならば…DTUが良いのではないか…と悩み中。 ⇨ とは言え、ショートストロークスイッチと組合せができるので、プリコックFETも捨てがたい… 今回は昔から癖のある AY製 M4 Spectreに導入する(備忘録はかなりの写真の枚数になるまた新居にて全体的に写真が暗くなってしまっているので今後修正する方針) 現状である。後方配線化し、前方のグリップをオミットしているのでスタイリッシュな見た目だが、中身はポンコツ…私の内部カスタムが頂けないのが理由だが、スイッチ周りが貧弱ということで”T238”電子トリガーを導入することで一気に解決したいところ  参照 Spectre 後方配線化の実施 尚、全体的に穴を開けたり、ボコボコになっていることには目を瞑る。 ストックパイプを外す。Spectreの 久々の分解作業が楽しい… アッパーを外して、メカボが登場後述もするかもだが、SpectreのメカボはVer.3をベースに一部専用パーツが使われてる。上記の写真でもノズル位置が異様に下についているのがわかる… ⇨ チャンバーがVer.2(M4)タイプなので、シリンダーヘッド…

続きを読む

"実"マガジン 混入事件簿

帰国から1ヶ月以上経過・・・新居の引っ越しを終えて、ゆっくりじっくりエアソフトのカスタムを楽しんでいたので、そろそろブログで振り返って行こうと思っているが、帰国時/帰国後に、風変わりな事象に遭遇したので記載する。 ブログのタイトル通りなのだが・・・私はチリ/サンティアゴから アメリカ/マイアミ → アトランタ → ロサンゼルス と乗り継ぎ当地日本/成田に降り立った。 アメリカでは基本的に 経由 であろうと荷物をピックアップして保安検査を受ける必要があり、その検査を司るのが運輸保安庁(Transportation Security Administration)所謂 TSA である。帰国後に、預け荷物だったスーツケースやバックパックを開けると、"検査させてもらいましたー!"的な紙っペらが一枚入ってたりする。 今回日本へ帰国したときも例に漏れず、私の荷物は検査された。当然、分解されたエアガン類、工具等が犇めく中身にTSAは血眼で検査をしてくれたのかもしれないが・・・荷物の中身を確認すると、100円均一のプラ工具箱が破損していた。 "あーあ・・・やられたか"と特に感慨なく思っていた。何かと検査員は多忙なため、結構作業が荒いので、壊れることもあるのだろう 壊れたプラケースを確認してみると、どうやら無理やり閉めたために壊れたようだ。中身を出したは良いけど、うまく入れないから無理やりやったのかなぁと思いながら、中身を確認したときに、コロンと床に何かが落ちた。 何だこれ…自分のでは…ないな…RUGE…

続きを読む

Urrkii "G3" Mosfet / Stinger ショートストロークスイッチ導入

今回は変わり種の MOSFET (下記写真左) と久々に Stingerの ショートストロークスイッチ を導入してみる。 先ず、このUrrkii (あるいはG3と呼ばれる) mosfetについて説明する私の購入場所は Aliexpress で価格は 3000円弱程で売られている 購入SHOP ⇨ Urrkii ProgrammableMosfet Kit G3 どうやらバーストユニットがベースになっていながらもプリコック設定や、セミ・フルの動作変更等プリグラマブルなことができるとのこと…ふむ。そもそも Urrkii なんて 聞いたこともないし、怪しみながらも導入をしてみる 内容物としては、以下の通り。・ユニット部・ユニット及びスイッチに配線する信号線・説明書 説明書は至極読みにくいのでじっくり"観察"していたところ不可解な点を発見。そもそも説明書の印刷の質が悪く、何度コピーを繰り返してんだ…と思っていたけど、どうやら違うようだった 先ず、なんかあとで取って付けたような"G3"の文字。元々の説明書があって、その上から適当に書き足したよね…これ 次に、途中”G3”という文字になるべきところが、"BW3"になっている。商品名、これ昔違ったのかなぁ…だから上書きっぽくなったのかなぁと推測して調べたところ衝撃の事実が発覚 "BW3"、即ち Burst Wizard 3 というソックリな商品を発見。これも勿論バーストユニットで機能も同じですし、なんと説明書も同じ。つまり、Urrkiiは BW3の…

続きを読む

【B&W G17】スライド交換作業

前記事 (LTX-3 分解作業)と時を同じくしてB&W製 の GLOCK17 が家に到着した。B&W は Punisherシリーズ や Triton で有名なPoseidon社のハンドガンブランドである。昨年あたりから日本でも安価な割に、軽量で剛性もあり、機能面でも電子トリガーが当然搭載されたPunisharがお披露目されたが、どうやらハンドガン分野でも製造をしていたようだ。先ずは簡単に紹介する 箱はコンパクトで、B&W と大きく記載されているが、封切りシールはPOSEIDONロゴ。隠す気はないようだ尚、値段は1.2万円弱 ( チリでは輸入品は少し高めになる ) Made in Taiwanのシール  そしてスライドは無機質にもライセンスなしのツルッとした形状グリップにもglockのロゴはない。 右側もほぼ同様。尚、スライドはメタル製、フレームは樹脂で製造されている。ここまでGlockのロゴがないと、Glock17風というのが正しそう…ちなみにマルイ製のGlock17のコピー品であると言われてる。 後方部至ってシンプルな感じがする… 少し異なる点はサイトが集光タイプになっていること。とは言え、ドットサイトを載せるだろうし…あまりメリットではないかなぁ 東京マルイ製 Glock17 ロングマガジンと比較。マガジンに関しても互換性があることが既に知られているので当然形状は酷似している。 左がマルイ製、右がB&W製まるで同じ。 ロングマガジンを挿入してみた…

続きを読む

【LTX-3 Defender】分解作業 【Lancer Tactical】

義務的自宅待機措置が続くと、どうしても軍拡が止まらないのは皆一緒だろう世間は 東京マルイの glock17 gen4 で賑わっている中で私は Lancer Tactical 製の CO2ガスハンドガン を購入 LTX-3 "Defender" というのが通り名のようだ。 一年前に ArmsMagazineでもチョロっと紹介されていた。値段が 45$ なのは事実で、 チリでは 6,500円程で販売されていた。ギミックとしてブローバックが備わっているという感じで、かなりおまけなのはその値段通りだとは思うが、正直ゲームユース目線で言えば、固定HOPのパッキンの問題をクリアできれば結構使えるピストルなのでは…と考えている。 以下では外装の紹介と、分解手順を備忘録として記載する 中身は本体と、15発のマガジン、少量のBB弾、そして説明書。形状は glock に似ているというかオリジナルデザインだが、ほぼglockに似せた形。スライドストップの機構も存在するみたい。 右側は セーフティが存在。かなり値段通りのシンプル設計。 さてマガジンの形状から察せられる通り、12g CO2カートリッジは 本体に格納する。つまり、マガジン毎にカートリッジが不要なのでCO2のコスパはかなり良さそう。尚、本体やマガジンにはMade in Taiwan と記載されており、台湾製であることがわかる カートリッジの格納位置は上部の通り。格納後、グリップ下のネジを回して穴を開けてガスを充満させる日本ではあまり見掛けない機…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク