ピニオンリムーバーを購入、ノイズ実験

出番の少ないツールは世の中沢山あるが、
今回 記事にする ピニオンリムーバー もその一つだろう

ピニオンリムーバーは
モーターのピニオンギアを交換するためだけに使用されるツールで
圧入されているギアを リムーブ(取り外し)したり、逆に
ギアを圧入するのに使われる。
実際に摩耗したギアは ベベルギアとの間でノイズを引き起こし、
その影響は次第にメカボックスを侵していくので早めに交換する必要があるのは事実

一先ず、今回はピニオンギアが摩耗したサマリウムコバルトモーターを使って
どのような変化を引き起こすか実験してみたいと思う

ピニオンリムーバー_1_本体.jpg
先ずはこれがリムーバー本体である
element製や イーグル模型製等 種類は複数あるが、
私は WADSN製 を選択

ピニオンリムーバー_2_裏側.jpg
本体の他に、マニュアルと、圧入時に使用するパーツが含まれていた

ピニオンリムーバー_3_ギア比較.jpg
今回実験に使うのは
東京マルイ製のサマリウムコバルトモーターと EG-700モーター
後者のモーターからは 美品のピニオンギアを拝借する

ピニオンリムーバー_4_比較2.jpg
先ずはピニオンギアの摩耗具合を比較してみる
左が サマコバ 右が EG-700
この差がどのような違いを生むだろうか

ピニオンリムーバー_5_比較3.jpg
別視点からみてもあきらかに摩耗しているのが分かる

ピニオンリムーバー_6_比較4.jpg
どの程度撃った後なのかは、サマコバ自体が中古なので不明

ピニオンリムーバー_7_説明書.jpg
説明書は中国語と英語のみ

ピニオンリムーバー_8_説明書2.jpg
大体みれば分かるけども…一つだけ言わせてほしい
マニュアル写真に使うモーター、もう少し綺麗なのなかったのかな!!
横とか凄い擦れてるけども…どうしたらこうなるんだろうか
日本との違いを感じてしまう…笑

ピニオンリムーバー_9_取り外し.jpg
気を取り直して、早速 EG-700 モーターから ピニオンギアを取り外す
モーターをマニュアルに従い、セット、固定する

ピニオンリムーバー_10_作業.jpg
後はリムーバーの取っ手を回してピニオンギアとモーターを引き離すようだ

ピニオンリムーバー_12_徐々に.jpg
徐々にピニオンシャフト(で正しいか不明だが)から
ピニオンギアが引き抜かれていく

ピニオンリムーバー_13_完了.jpg
ということで楽々でピニオンギアを外すことができた

ピニオンリムーバー_14_サマコバ.jpg
サマコバの方も同様に今回摩耗して不要となるピニオンを取り外す

ピニオンリムーバー_15_ギア比較.jpg
両方から取り外したピニオンギアがこちら
ギア部分の鋭角さに違いを感じる

ピニオンリムーバー_16_モーター.jpg
モーターから取り外せるパーツ
シャフトがブレないように補強する部分なのだろうが
中の樹脂パーツが大きく削れていたので
ここに関してもEG-700から サマコバに移管することにした

ピニオンリムーバー_17_交換.jpg
ブレ防止パーツに関しては手で引き抜いて交換するだけである

ピニオンリムーバー_18_挿入パーツ.jpg
ということで最後に EG-700のピニオンギアを
サマリウムコバルトモーターに圧入する
圧入時には付属のパーツを利用するようだ

ピニオンリムーバー_19_モーター後端.jpg
モーターの後端にセットする

ピニオンリムーバー_20_挿入.jpg
あとはマニュアルに従い、ツールにモーターをセットする

ピニオンリムーバー_21_徐々に2.jpg
今回も取っ手部分を回して徐々に圧入

ピニオンリムーバー_22_交換完了.jpg
あっという間に交換は完了

ピニオンリムーバー_23_完成後.jpg
綺麗なピニオンギアに生まれ変わった

交換前と交換後でノイズがどの程度低減できるか比較してみた
実際動画でもわかる通り、ノイズの低減が確認できたので実験は成功である

正直2000円程の価値がピニオンリムーバーにあるかは微妙だが、
好みのピニオンギアに変更したり、
上記のように摩耗してノイズが気になった時に交換するのであれば必須だ
チームで一個保有するような気持でもいいかもしれない

"ピニオンリムーバーを購入、ノイズ実験" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク