【HK416】次世代 軽量化カスタム① ハンドガード編

新年明けて 2021年 初っ端は東京マルイ製 次世代電動ガン HK416D の記事から開始 以前、HK417 の記事を幾つか掲載しているが、今回のHK416 は 最近 私の中で 一本化しつつあるテーマ "軽量なエアガン" の題材としたい ▽過去記事 ・【HK417】軽量化① VFC製ハンドガードに変更する ・【HK417】軽量化② リコイルオミット HK417でも軽量化は ハンドガード周辺、リコイルオミットと続いたが、HK416でも同様に進めていく形となる。手始めにハンドガード周辺を分解し、BB弾の発射機構としては不要なダミーのガスチューブ等の取り外しや、ハンドガード自体の交換作業を実施する。 先ずは本体 今回も中古で購入。傷などは少なく美品な感じ。次世代電動ガンは優秀なメカボ ver.2改を備えているものの、基本的に重いのがネックと言われているとかいないとか 初期重量は2.9kg (マガジン、バッテリー、アイアンサイトなし) 軽量化の課題となるのか先ずはハンドガード周辺10inchぐらいの初期ハンドガードは個人的にあまり好きではないので交換していくまた併せて 発射機構として不要な ガスチューブ、ガスブロックも外す HK416特有のネジを一本外すしかしこれが非常に硬く、一つの関門でもある本来は専門工具を使うべきではあるが…今回は自力で対応 潤滑スプレーを塗布し、ドライヤーで熱してネジロックを溶かしながら百均で販売していたプライヤーでグイっとやると外せた ハンドガードを外した状態ア…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク