【LTX-3 Defender】分解作業 【Lancer Tactical】

義務的自宅待機措置が続くと、どうしても軍拡が止まらないのは皆一緒だろう世間は 東京マルイの glock17 gen4 で賑わっている中で私は Lancer Tactical 製の CO2ガスハンドガン を購入 LTX-3 "Defender" というのが通り名のようだ。 一年前に ArmsMagazineでもチョロっと紹介されていた。値段が 45$ なのは事実で、 チリでは 6,500円程で販売されていた。ギミックとしてブローバックが備わっているという感じで、かなりおまけなのはその値段通りだとは思うが、正直ゲームユース目線で言えば、固定HOPのパッキンの問題をクリアできれば結構使えるピストルなのでは…と考えている。 以下では外装の紹介と、分解手順を備忘録として記載する 中身は本体と、15発のマガジン、少量のBB弾、そして説明書。形状は glock に似ているというかオリジナルデザインだが、ほぼglockに似せた形。スライドストップの機構も存在するみたい。 右側は セーフティが存在。かなり値段通りのシンプル設計。 さてマガジンの形状から察せられる通り、12g CO2カートリッジは 本体に格納する。つまり、マガジン毎にカートリッジが不要なのでCO2のコスパはかなり良さそう。尚、本体やマガジンにはMade in Taiwan と記載されており、台湾製であることがわかる カートリッジの格納位置は上部の通り。格納後、グリップ下のネジを回して穴を開けてガスを充満させる日本ではあまり見掛けない機…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク