【UAR501】T238 DTU V3用 ver1.1 (黒) 導入

⇩過去T238系記事⇩・T238 DTU Programmable MOSFET 導入作業 (基板ver1.5) ・AY製 SPECTRE T238 DTU V3用 ver1.0(青) 導入 ・東京マルイ M4パトリオット T238 DTU V2用 ver1.61導入 今回は 上記に2点目の V3用T238基板がver1.1にバージョンアップしたということでAPS製 UAR501 のver.3メカボに 導入をしてみたいと思う UAR501に関する以前の分解/カスタム記事は以下 ⇨ 参照 UAR501 分解・カスタム 実際に届いた状態が上記。何やら以前は青基板で、V2用同様 上下で基板が分かれていたのに… 今回はなんと黒基板1枚になっているようだ…!!そして以前はセクレターやトリガー検知は極小マイクロのスイッチタイプ(壊した過去有り)だったのに、V2同様、完全光センサータイプになっている。これは…大型アップデート…!!!!! ということで嘘臭い驚嘆表現は置いておいてマニュアルに従って導入していくが、基本UAR501の分解備忘録である(写真多め) 先ずは本体。素晴らしいブルパップ。愛らしい ストックエンドを外す現在は XCORTECH/FETが取付られているはず…チリへの出国前にドタバタ購入だった記憶がある…(ゲーム未使用) チャージングハンドルの引き手部分(左上)を外した後、上部のカバーを外す ⇨ 尚、この筐体はダミーボルトカバーの固定及び、そのリリースの機能がオミットされている…

続きを読む

【APS UAR501】分解・カスタム

エアガン整理の結果、HK417・SIG552が手元から去っていった一方で気づけば前回記事のCYMA M870と今回分解対象となるAPS製 UAR501 がやってきた 以前から口を開けば「ブルパップ」が欲しいとブツクサ言ってただけに個人的に非常に興味深いエアガンであるブルパップ式の銃と言えば、エアガンではFAMASやTAVOL,F2000が有名なだけに比較的無名の本筐体はストックRS-2等でお世話になっているAPSから発売されたものだどうやらモデルになった実銃が存在するらしいが、正直、私は余り興味がない「ブルパップ」それだけで満足! 当然中古でやってきたUAR501だが、どうやらカスタムされているようで以下の施工がされていた ・FET搭載 ・イナズマモーター搭載 ・マルイ製パッキン交換済 ・フォアグリップ追加グリスアップやシム調整もしてあるみたいなので今回は余り触らないつもりプリコックFETやショートストロークスイッチ周りを施工する こちらが本体である。到着後、持った感想はかなりのリアヘビー。それもそのはず、全体的に樹脂製であり、VER.3メカボがほぼ後ろ側に載っていて、フロント部分は空っぽだから。しかし肩に当てて構えてみると、不思議にも重さを感じない。身体の軸に銃本体の重みが沿う為だろう(身体の軸から離れれば離れる程、同じ重さでも重たく感じるような…?)またトリガーストロークがかなり長い。当然だが、ブルパップの仕様上、本体とメカボックス別々にトリガーがあるのでそこの影響かもしれない だが個…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク