【Origin Z】似非BADレシーバー交換

表題のタイトル通り、巷で流行りの(…否、既に熱は冷めた気もするが)ノーブランドの似非BADレシーバーを入手したので交換作業を実施してみた対象は以前、パーツを組み合わせて自作したM4。 ⇨ 自作M4 作成過程メカボックスは海外渡航用OD式でスプリングが交換できるようARES製を利用した 尚、購入したのは下記リンク。当然のようにAliexpressであるAEG用 BAD556レシーバ 尚、組み上げの備忘録であるが、参照する場合は当方あまり上手くはいっていないこと、ご了承下さい。 先ずは、準備作業としてフリーダムアート製 (東京マルイパトリオット用)新オフセットジョイント上記のパーツを取り付ける為、ロアーレシーバーのストック取付部分をカットする。 しかも私の場合は、上述したように、QD式でスプリングを交換する必要がある為、ルーターを使ってガッツリ穴を空ける。 こちらが作業後…正直ホビールーターの使い方が下手で跡が汚い。でもオフセットジョイントパーツで挟み込む為、バリさえ除けば、見栄えは特に問題ないのである 以下でメカボックスとレシーバーを組み込んでいく。上記がアッパー、ロアー、チャージングハンドル、ダストカバーを除く付属していた細かなパーツ類達。組込の為の説明書はない為、想像しながら前に進める。 先ずは簡単なダミーパーツである、ボルトストップ/リリースパーツ。ダミーなので特に意味はない。 いもねじを横から回して差し込むだけである。 続いてセレクターレバーであるが…ここは試みたが、最終的…

続きを読む

【Origin Z】自作M4作成過程

サバゲーを始めて1周年が近づくものの、俄然、欲に衰えはない。しかし自身の海外渡航の話もあり、果たして向こうでサバゲー(airsoft)ができるのか…そんな考えから初のM4を自作するのに併せて、海外でも通用するようなものを作る計画を思い立った希望する要件は以下だった  ・初速調整が容易であること ⇒ QD(Quick-Detachable)式でスプリングが交換できるメカボ ・テイクダウンが容易であること ⇒ 特に指定はない?M4系であれば? ・軽量であること ⇒ 樹脂フレームを多用する ・電子トリガー / Li-po運用 / ストレートトリガー系 ・ハンドガードは10inch以上の長物 / M-Lock M4自体はそこまで組上げが難しくないので入手したパーツ類を備忘録として載せる 先ずは心臓部であるメカボ。メカボは ARES製 EFCS電子トリガーメカボを採用。安価なメカボでストレートトリガーを採用しており、且つ、OD式でスプリングが交換できる。またレシーバーはジャンクで入手した 東京マルイ製 SR-16ナイツのフレーム。樹脂故の軽量さに問題は微塵もない。グリップはそのジャンクについてきたスナイパーターゲットグリップ… どこ製かなー太くて握りにくい笑 また、M4 Patiotでも採用したフリーダムアート製のオフセットジョイントを採用ARESメカボと東京マルイのフレームの互換性が悪かったので、削りやすい樹脂フレームを調整した結果、オフセットジョイントでバッファーチューブを繋げることにしたのであ…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク