【SPECTRE】T238 DTU V3用 導入

帰国したら手始めに実施したかったことの一つがVer.3メカボの T238 DTU 導入である。 Ver.2については以前実施したことがあったのだが、 参照⇨  T238 DTU Programmable MOSFET 導入作業 Ver.3については初めての経験。これまで プリコックFET を各エアガンに取り入れているが、同じ3000円ならば…DTUが良いのではないか…と悩み中。 ⇨ とは言え、ショートストロークスイッチと組合せができるので、プリコックFETも捨てがたい… 今回は昔から癖のある AY製 M4 Spectreに導入する(備忘録はかなりの写真の枚数になるまた新居にて全体的に写真が暗くなってしまっているので今後修正する方針) 現状である。後方配線化し、前方のグリップをオミットしているのでスタイリッシュな見た目だが、中身はポンコツ…私の内部カスタムが頂けないのが理由だが、スイッチ周りが貧弱ということで”T238”電子トリガーを導入することで一気に解決したいところ  参照 Spectre 後方配線化の実施 尚、全体的に穴を開けたり、ボコボコになっていることには目を瞑る。 ストックパイプを外す。Spectreの 久々の分解作業が楽しい… アッパーを外して、メカボが登場後述もするかもだが、SpectreのメカボはVer.3をベースに一部専用パーツが使われてる。上記の写真でもノズル位置が異様に下についているのがわかる… ⇨ チャンバーがVer.2(M4)タイプなので、シリンダーヘッド…

続きを読む

【SPECTRE】外装カスタム ~衣装合わせ編~

前回: パーツ加工編 で下準備を終えたので後は衣装合わせということで、ストックやアンダーレール等を実際に装備していく Aliexpressにて購入 : バッファーチューブ こちらも同様にAliexpressにて購入 : Daniel Defense レプリカストック バッファーチューブを装着させ これで実践(サバゲー)でも少しは安定した射撃ができるまた前方配線から後方配線に切り替わったことで、バッテリー格納型のグリップが不要となったここにアンダーレールを追加する Aliexpressにて購入: glock等ハンドガン用追加レール(上) アンダーレール(下)どちらもネジの擦合せやレールとの噛合せが悪く削る等の小加工が必要だったので注意そして実際にスコープやショートグリップと合わせたのが以下である 我ながら良い出来と考えて5枚も画像を記載してしまったが…実際の射撃性能は他に劣るものの、外見(外装)だけ言えば、個人的にNo.1で好きだ 以上でSpectre(スペクター)の外装カスタムを完了とする

続きを読む

【SPECTRE】外装カスタム ~下準備(パーツ加工)編~

前回記事:ロングバレルカスタムにて、チャンバーアセンブリ・インバーバレル・モーター交換や、メカボ内部パーツ強化、プリコックFET化を実施したが、今回はサバゲー(実践)でさらに使い勝手を上げるべくストック や アンダーレールを追加していく尚、ストックについて参考としたのは以下の動画RDP/Spectreを実際に発売しているガンメーカー: Echo1 技術部隊によるものだEcho1 Spectre RDP stock install "How To" ※今回も画像多め先ずはスペクターを通常分解していき、バッファー(ストック)チューブ接続部となる後端パーツを抜き取っていく分解については既に過去記事有:分解編 こちらがストック接続部となる後端パーツ/右側面先ずはこのパーツを加工していく 後端パーツ左側面。右側とは違い、中央に小さな穴があり、ネジが奥に存在する※同スイベルパーツを通す為の丸穴が空いている方が銃下側になる 左側面の中央の穴にネジが一本潜んでいるので、それを外すとワッフルのように半分に割れる 後端パーツを分解していくと上記のようになる 次に不要なスプリングガイドを利用して後端パーツを加工するスプリングガイドは一般的なver.2メカボに利用させていたものだ スプリングガイドのネジ穴が肝で、バッファーチューブとネジで繋ぐ役割を担う スプリングガイドを金属鋸で切断した ベアリング部等は不要で、必要なのはネジを受け部分だけである切断面はヤスリ等で研磨しておく 続いて、切断したスプ…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク