【HK417】不動問題

先日サバゲー定例会に参加した際、久々にHK417を持参。最近は軽量のPATRIOTやSIG552,MP5A4に押され、重量級HK417は出番がなかったが、自分が初めて購入した銃ということで思いやりもあり、色々とカスタムもしてきたわけで…つまりリポ化や軽量化の効果も試してみたいのもあり…意気揚々とスタートしたのだが。。。 お昼過ぎぐらいに、トリガーを引いてもうんともすんとも言わなくなったHK417あれ…バッテリーがなくなったかな? ⇒ リポの電圧チェックするも問題なしでは…配線が切れた…!? ⇒ 確認するも問題なしんん…ヒューズか!! ⇒ 全く問題なし 不明で泣きべそかいていたところ、チームの人に診てもらったところ”ピニオンギアは動こうとしてるみたい”とのお言葉。よーく聞き分けてみると、バッテリーを繋いでトリガーを引くと小さい音で カチッ と聞こえるではないか!!つまり…何らかが原因でギアが回らなくなったわけだ。"これは…入院だね…"目の前が暗くなり、チームの人の声が徐々に遠のいて聞こえた… さて冗談はさておき、入院 = ショップ送り などにさせないぞ!(そんな金もない)ということで原因究明&修理を兼ねて初めて次世代のメカボをご開帳することにしたので以下、備忘録です。 スタートはここから 先ずは中央のピンを抜く すると、早速アッパーとロアーが分離できる。HK417がそうなのか、次世代がそうなのか分からないが、チャンバーアセンブリにアクセスしやすいのは良いと思う まだチャーハンの連動部分…

続きを読む

【HK417】近-遠距離対応

先日に引き続き、サバゲー記事を連載するが、今回は4倍スコープで遠距離仕様にしていたHK417を近距離も同時に対応させたい。そもそも、ここに至った経緯は、インドアフィールドで実施されるCQB(Close Quarters Battle、近接戦闘)にもこの銃を参加させたいと感じたからである。但し、もともとの強みである中遠距離の支援ができるのは変わらずに、である。 そこで以下のような製品をAliExpressで取り寄せた <element airsoft>http://www.elementairsoft.com/Prodshow/index/id/27 スコープに取り付けるとこんな感じ。 このままHK417にも取り付ける これで実践では近距離で遠距離でも対応できるはず…? 尚、その後、構えたりしていたら、ダットサイトの位置が悪かったので変更している 手前にもってきた

続きを読む

【HK417】軽量化② リコイルオミット

さて前回 「軽量化① VFC製ハンドガードに変更する」の続きである。 3.8kgまで絞ったHK417だが、さらに今回はリコイルオミットを実施することで追い込みをかける。ちなみに次世代と言われる電動ガンからリコイルを排除することは前世代への回帰に近く、人によってはロマンもへったくれもないと言われ兼ねない。只、私は勝つサバゲーを今後目指す為にもロマンを諦めることにしただけなのである 早速取り掛かるまずはストックを一番長くしてから、レバーを押し下げて取り外す。すると、バッファー部分が露になるまずはバッファーキャップを外し、今回の目的であるリコイルをとってしまう。ただ、このバッファーキャップの取り外しも前回のハンドガード同様曲者で頭を捻り、出た結果がこれだコンセントタイプCの変換プラグに、ペンチを差し込んだ"専用"工具の完成であるしっかりドライヤーでキャップを炙り、ねじロック剤を柔らかくした後、この専用工具で回すことができたときは、あ、これ売れるんじゃ。。。。なんて考えた自分がいたのは事実である。 とれたリコイルはこちら。 さて、これでリコイルオミット完了。元に戻そう。というわけには実はいかない。ここから一般素人にとっては鬼畜な処理の始まりである。 先ほど排除したリコイル内に付属する棒がスプリングガイドを支えている為、このままではピストンクラッシュを起こし、壊してしまうそうな。そこでバッファー部分を外して新しいスプリングガイドに替える必要がある。 まずは、配線箇所に傷を与えないため、バッファー…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク