【CM047C】zenit外装カスタム中篇_ストック交換

前回記事
前回はB-13マウントレール及び PK-3グリップを装着した AK74M (cm047c)
今回は ストックを交換してzenitカスタムを加速させる

zenit_PT-1取付_30_現行ストック.jpg
先ずは 現在の ストックがこちら
AK74M の M が示す近代化された プラ製ストックである

zenit_PT-1取付_32_折り畳み.jpg
ロック解除ボタンを押下すると、折り畳みが可能で、基部は 一本のピンで固定されているようだ

zenit_PT-1取付_35_5KU.jpg
さて今回の変更パーツ 5KU製 zenit PT-1タイプ AKフォールディングストック
お値段は 1万円前後が相場なようだ
CYMAの他にも LCT, GHKに対応可能とのこと… E&Lはだめか

zenit_PT-1取付_33_PT-1.jpg
ということで早速中身をチェック 
左側。基本軽量なアルミ製で、ストックパッド部分はゴムである

zenit_PT-1取付_34_本体.jpg
右側。zenit社, PT-1ロゴがある。肉抜きされているしやはりお洒落感。
尚、ガタツキ防止の為のパーツも付属していた

zenit_PT-1取付_48‗ロゴ.jpg
ロゴ部分

zenit_PT-1取付_36_下部ピン.jpg 
早速取り付けるためにストックピンを確認する
下部から…

zenit_PT-1取付_38_上部ピン.jpg
上部から…トップカバーを外して
比較してみると 上部の穴の方が若干大きいので
下から上に叩くのが良さそうだ。

zenit_PT-1取付_39_叩く.jpg
ということで早速 プラハンマーでコツコツと叩く。
楽にピンは抜けていく。案の定 上部にはローレット加工されている

zenit_PT-1取付_40_分解時.jpg
サクッっと取り外せたので早速 PT-1ストック装着する

zenit_PT-1取付_41_比較.jpg
装着部分も同様で適合しそうである

zenit_PT-1取付_42_確認.jpg
仮当てしてみると問題なさそうなので
そのままストックピンを挿し込む

zenit_PT-1取付_43_装着.jpg
今度は上から
尚、ガタツキ防止パーツを使用する場合は、
この段階でセットしておいても良いだろう
私の場合は不要だった

zenit_PT-1取付_44_ピン.jpg
しっかり奥まで挿し込まれたことを確認
ロック時のガタツキがないことも確認して装着完了

zenit_PT-1取付_49_ストック位置変更.jpg
ストックの長さを変更する場合は、上図右のシルバーのパーツを開くと…

zenit_PT-1取付_50_位置変更2.jpg
ロックが外れて延伸させることができる

zenit_PT-1取付_51_最大.jpg
最大の長さ
適切な長さを決めてロックする

zenit_PT-1取付_54_チーク.jpg
また頬当て部分(チークパッド部分)の高さも
ネジを緩めて変更可能
ちなみにストック基部はポン付けでしっかりロックされるものの
ストック自体は若干ガタがあり、それは仕方のない範囲だとは思う

zenit_PT-1取付_52_折り畳み時.jpg
折り畳み時のこのごちゃごちゃ感。
今の私にとってはかなりツボ。恰好良く感じる

zenit_PT-1取付_55_完成.jpg
ということで完成状態
これでマズル、グリップ、マウントレール、ストックと
先頭及び中央から後方部分がzenitカスタムとなった

zenit_PT-1取付_56_完成2.jpg
収まりとしては良いのでこの記事はここまで
次は内部カスタム 及び ハンドガードに挑戦予定…つづく

スポンサードリンク

この記事へのコメント


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています