【g18c】分解①~メカボ取出まで

3kで中古電動ハンドガン glock18c を入手した結果、
MP7のコン電シリーズに引き続き、電ハンも少し経験することとなった
先ずはMP7同様、内部カスタムではなく外部を弄ることで
物足りない初速等を変更していきたいのだが・・・先ずは動作確認である。
ジャンクの可能性もあり、電ハン用のバッテリーを持ち合わせていないので
リポバッテリーで動作確認すべく分解していく。
尚、分解は当然のように電拳さんを参照すること!
画像多め。

DSC_0439.JPG
初めての電動ハンドガン。MP7同様可愛いメカボに期待である

DSC_0440.JPG
先ずはスライド後端部を押してあげることで、スライドが上側へ引き抜ける

DSC_0441.JPG
本体左側のネジは二カ所を外す

DSC_0443.JPG
左側(中央側)ネジはサイズが異なるので注意(少し大きい)

DSC_0442.JPG
本体右側は一カ所を外す。
これでノズルユニットを覆うプラケース?が外れる

DSC_0445.JPG

DSC_0446.JPG
ノズルユニットを止めている大ネジ二カ所を外す。

DSC_0447.JPG
ノズルユニットを構成するパーツが外れる
ノズルやスプリングガイド等…
ここでスプリングガイドを押さえるパーツに付属する真ん中の極小プラパーツを失くさないように注意。
(上記パーツには併せて極小スプリングも存在する。注意!注意!!)


DSC_0448.JPG
続いてトリガーピンをハンマーで軽く叩くなどして引き抜いてあげる

DSC_0449.JPG
トリガーピンには向きがあり、自分のグロックの場合
本体右側にギザギザがあった為、左側から叩いて右側から抜いた

DSC_0450.JPG
トリガーピンを抜くと、トリガーユニット一式が引き抜ける

DSC_0451.JPG
トリガーユニットを取外した結果、幾つかのパーツが併せて外れる
銀色のパーツが トリガーバー (トリガー動作をノズル側に伝達させる役割?)
その下が バッテリーイジェクター?
私は外部バッテリー化するので一旦当該パーツについては理解せずに割愛

DSC_0452.JPG
上述通り、外部バッテリー化するので
インバーバレルの根元にあるバッテリー端子を繋ぐネジを外す

DSC_0453.JPG
ネジが外れると、上記のような状態になる

DSC_0454.JPG
メカボックスを引っこ抜く為に、グリップシールを外す。
(というか、両面テープで止めてるだけなんだ。これ・・・)
マイナスドライバーや、カッターなどで端を押し上げると良い

DSC_0455.JPG
近づく・・・特に何もない

DSC_0456.JPG
右側も同じように外す

DSC_0457.JPG
メカボを固定しているピンを4本抜く
こちらも向きがあるので注意(自分の場合は、左から右へ)

DSC_0458.JPG
向きがあることが分かる

DSC_0459.JPG
後はメカボを下に引き抜くだけだ
引き抜き際は、マガジンリリースボタンを押しながら押し下げること
一旦ここで終了し、次回へ

~刻印部を外す~
g18c glock 分解 刻印部
外部バッテリー化に伴い、配線窓を作る必要があるので
刻印パーツを外した




スポンサードリンク

この記事へのコメント


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています