【M870 CM.356】通常分解①

チリ渡航前であるがチームの先輩からエアーコッキングのショットガンを譲ってもらった
そう。このタイミングでシャッガンナーになったわけである…
用意とか準備とかさておき、触ったことのないショットガンをガシャガシャ触っていたところ
突然コッキングできなくなくなってしまった(トリガーも引けない)
当然知識のない私。早速分解してみることにした

DSC_0222.JPG
こちらCYMA製cm.356-tn M870シリーズでスポーツラインである
初速は3発同時で70-74m/s 単発で82m/s といった感じ
故障原因は不明なので分解していく
M870シリーズ(cm350-,cm360-等)はどれも基本分解方法は一緒なので
ネット検索して色々参考にさせてもらいました。多いので割愛。

DSC_0223.JPG
マグプルハンドガードを外す為に、アンダー箇所のねじ2つ外す
(レールはオプションで付けていたもので純正はネジのみ)

DSC_0224.JPG
マグプルハンドガードを本体手前から引き抜く

DSC_0225.JPG
アウターバレルを止める横ネジ3箇所を取り外す

DSC_0226.JPG
サイズが左2つと右1つで異なるので注意

DSC_0227.JPG
反対側も同様に取り外す
※ショットガンは「反対側のネジを外す」という分解動作が多いという所感

DSC_0228.JPG
次にコッキングをストップさせているカバー?を本体手前に移動させる
上記は移動前

DSC_0229.JPG
カバーを手前にいどうさせると裏側にネジ2本が出現する

DSC_0230.JPG
裏側のネジ2本を外す

DSC_0231.JPG
反対側も同様に2本外す

DSC_0232.JPG
これでアウターバレル部を外すことができる
アルミインナーバレル3本が出現した。
このとき、バレル先端を束ねるパーツがアウターバレル内に残存することがあるようだ。注意

ここで判明したのだが、右側のコッキングだけが固くて動かない事が判明
これが今回の動作不良の発端だろう。左側だけコッキングされて射撃準備に入ってしまったような?
分解を続ける

DSC_0233.JPG
尚、先端のパーツについては上記

DSC_0234.JPG
続いてフレームネジを外していく
右1つはプラスネジ 左2つ六角ネジだった

DSC_0235.JPG
こちらも同様、反対側3箇所外す

DSC_0236.JPG
最後にフレームピンを叩いて抜き取る
かなり固めなのでスポーツラインにとっては戦々恐々としながら実施

この時点でトリガーを引くことができた。
やはりコッキングされていたようで射撃された。正直未だ知識不足で原因不明

一先ずトリガーを引きことも、コッキングもできないという状態は脱した
もう少しだけ分解を続ける

DSC_0237.JPG
フレーム上部のレール。こちらは分解不要

DSC_0238.JPG
マグプルストックについても後端は分解不要
取り外すのはストック長を変更するときだけでOK

DSC_0239.JPG
続いて不要な分解。全く不要。。。

DSC_0240.JPG
マグプルストックにおいて分解が必要なのはココ
グリップを握った際に親指を置く場所がゴムになっているのだが
その裏側に六角ネジが隠れているのである。
本体と繋がっているので取り外す。

DSC_0241.JPG
これでフレーム本体部とストック部がバラける

DSC_0242.JPG
フレーム本体に移る
ここではトリガーガードを止めているピンを抜き取る
本記事ではここまでCYMA製ショットガンの分解の続きはカスタムパーツが揃ってから。
インナーバレル交換やスプリング交換等を実施する予定

DSC_0243.JPG
一先ず仮止めということでフレーム部のプラスネジを止めて作業終了
パーツを分けてチリにもっていこうかしら…

関連する記事

最新のフォト

タグクラウド

月別フォト一覧