【M3ショーティ】分解_備忘録

前回、先輩からCYMA製M870を格安で頂いてから簡易的に分解作業を終え、
日に日にショットガンの事を考えていたら、偶然、東京マルイ製M3ショーティを入手してしまった
ジャンク品ということで外装もボロボロ・弾はでないという元オーナーからの説明もあって
パーツ取りになるから2K弱でいっかーと気軽に手を出してしまったが運の尽き…
またもや一丁我が家にやってきてしまったわけである。
※しかもCYMA製M870とマルイ製M3ではほぼパーツ互換はない模様…

一先ず、今後の為にもいつも通り、備忘録として残しておく。
※本筐体M3ショーティはかなりボロボロで一般的なM3とは分解箇所が異なる場合がある

DSC_0254.JPG
みるからにボロボロのM3ショーティ。さて、どこに不具合があるんだろう

DSC_0253.JPG
いつもここから。ハンドガード下のネジ2つを外す

DSC_0255.JPG
ハンドガードの右側を外す。(上の写真ではバレルが下にあるので左側に見えます…)
尚、左側はネジ止めされているので外せないので注意

DSC_0256.JPG
ハンドガードパーツ間の隙間をマイナスドライバー等で浮かせるようにして外す
本筐体はジャンクだから気にならないが、樹脂なので割れないか新品だと慎重になるかも

DSC_0257.JPG
ハンドガード左側を止めているネジを外す

DSC_0258.JPG
以上でハンドガード部は取外し完了

DSC_0259.JPG
バレル中央のネジを左右2箇所外す
(ここら辺からショットガン特有の左右両方のネジ止めが始まる)

DSC_0260.JPG
反対側も取り外す

DSC_0261.JPG
バレル中央付近の左右ネジを外すと、上記樹脂パーツを前方にスライドさせることができる

DSC_0262.JPG
その裏に片側2本、左右にネジが隠されているので外す

DSC_0263.JPG
ネジ取り外しが続く…
ここもM870と同じような分解作業

DSC_0265.JPG
コッキングのスライドレール?パーツのネジを片側2箇所、左右とも取り外す

DSC_0266.JPG
ここでやっとフロント部分が引き抜けるようになる

DSC_0267.JPG
ここで、写真中央の謎パーツが落ちてきた。
現在も止める箇所が不明。これが弾がでない原因か…??
一先ず分解を続ける

DSC_0268.JPG
フレームパーツは特にネジ止め等されていないので、広げるようにぐいっとすると外せる
樹脂パーツなので割れないように注意
また、このとき中央のシルバーパーツとそれを制御するスプリングが取れるので合わせて注意

DSC_0269.JPG
チャンバーを止めているネジを片側1箇所、左右のネジを外す

DSC_0271.JPG
チャンバーパーツが取外せる

DSC_0272.JPG
チャンバー裏側。ショットガンのチャンバー内部は初見の為、
問題があるかどうか不明。問題…なさそう
写真はないが、ノズル潰れも特になさそう。

DSC_0270.JPG
左右にあるコッキングレール?パーツも取外せる。

以上、分解は一旦ここまで。
結局この後組み上げた結果、射撃が可能に…しかも3発問題なく、、、である
初速は82-84m/sとなっており、些か一般的なM3よりも早い。
スプリング替えてあるのかな?

一先ず、まさかの使用可能ということで
カスタムとしてはパッキン交換(0.25g対応)及びインナーバレル交換を実施する予定
先日カスタム前でSISTERで実践してみたが、
エアコキショットガンの楽しさが分かってきたような気がする…


スポンサードリンク

この記事へのコメント


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています