【MP7A1】からあげ棒 導入

久々に記事を投稿する
11月は前半 風邪をひきっぱなし…
とうとうサバゲーに2回行くチャンスを喪失した
個人的に精神的なダメージが大きいのはこの点である…

さて帰国後に実施したコン電 MP7 に関するカスタムの備忘を載せておくのを忘れていた
以前 ヒョロ弾改善実験の際の 一案 であった
からあげ棒の導入である。

というのも前回の実験で プリコック さえかけておけば大丈夫
という曖昧な結果を残して 南米へ飛び立ったものの
帰国後に参加したフィールドにて ヒョロ弾が出現したのである。

ということで
さらに念押しヒョロ弾対策で ケイ・ホビー製 からあげ棒を導入する

MP7_からあげ棒_1_パーツ.jpg
正直、300円(税抜)という点で買えるのであれば…
もはや買っておけという気がしてならない笑
尚、MP7 及び マイクロメカボックスの分解は久々である
分解については
 過去分解記事 ⇒ MP7分解
        ⇒ マイクロメカボ分解
ここら辺が参考になるだろう         

MP7_からあげ棒_2_分解.jpg
先ずはトップレールのネジを外す
中央のねじはダミーである

MP7_からあげ棒_3_トップレール.jpg
ネジを外すとトップレールが外れる

MP7_からあげ棒_4_チャーハン周辺.jpg
チャージングハンドルのスプリング及び
固定ネジを外す

MP7_からあげ棒_7_チャージングハンドル.jpg
チャージングハンドルを引き抜くことができる

MP7_からあげ棒_5_後端ピン.jpg
本体後端の上下のピンの 六角ネジを外して

MP7_からあげ棒_6_後端ピン2.jpg
それらのピンを叩いて引き抜く

尚、写真はないが、ワイヤーストックをここで外した

MP7_からあげ棒_8_分解.jpg
あとは本体後端パーツを外して
中からメカボを固定するパーツ等を取り外した

MP7_からあげ棒_9_メカボックス.jpg
ということでなんとも可愛いマイクロメカボが登場
MP7はメカボまでの到達がとても楽だと思う

MP7_からあげ棒_10_メカボ分解.jpg
ということでここからマイクロメカボックスの分解と
からあげ棒の導入である

尚、マイクロメカボの過去のカスタムは
シリンダー及びスプリングの交換のみである。
スプリングの交換で当初90m/s以誇っていた初速も今や83m/s前後
やはりLayLax製のパワースプリングは次第に縮んでしまうようだ
(旅行前は 86m/s前後と記憶している)

MP7_からあげ棒_11_ネジ.jpg
ねじ4本を外す

MP7_からあげ棒_12_開封.jpg
そして開封…
前回もこの風景を見た気がする…(爆発)

MP7_からあげ棒_13_タペットプレート.jpg
今回はモーターとシリンダーの間に隠れている
タペットプレートとスプリングに注目する

MP7_からあげ棒_14_タペットスプリング.jpg
暗いが…タペットスプリング後方に からあげ棒 を仕込み
スプリングテンションを上げるのが目的のようだ

MP7_からあげ棒_15_パーツ導入.jpg
導入した状態
若干手間取ったが、上手くはめれたようだ

MP7_からあげ棒_16_完成.jpg
最後はメカボを閉じて完了
マイクロメカボは難しいようなそうでもないような奇妙な感覚である

では結果的にどうなったか、
マガジンにBB弾を最大までチャージした状態にし、
プリコックFETで プリコックさせた状態で検証。

先ずフィールドではヒョロ弾問題は発生しなかった
そして初速計測でも最初の10発を計測したが、一度も初速低下は発現しなかった
以降もMP7の使用時に確認してみるが
恐らく プリコック & からあげ棒 が一番効果が高い気がする…



スポンサードリンク

この記事へのコメント


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク