【CYMA CM047C】外観 及び zenit外装カスタム 前篇

前回記事
さて前回の廃案から一夜明け、私の手元に届いたのは一つの長い箱

CYMA_CM047C分解_1_箱.jpg
CYMA製 CM047C である

cymaには コピー元 及び 幾つかシリーズが存在し、
例えばこの CM047Cは AK74M に該当する
そしてコピー元は 東京マルイ をベースにしている。

同様のタイプとして CM040Cがあり、
こちらは AK74M であるが、 VFC をベースにしている。

次に少しAK74について調べてみた…
AK74M の"M" はロシア語の "модернизированный" 
英語でいう modernized 近代化となり、 元来のAK74に対し、
折りたたみ式銃床(ストック)がプラ製になり、銃床右側にスイベルが装着されたりしたようだ
今後ともこの AK という存在には魅力を感じるので知識を蓄えていきたい。

内容の乏しい説明は置いておいて、今回は前回の廃案になった
東京マルイ AK47 から 戦場を CYMA CM047C(AK74M)に移し、
ZENITカスタムを推し進めていく

先ずはカスタムする前に外観の確認

CYMA_CM047C分解_2_初速表.jpg
箱には初速表…信用ならないが どうせメカボの中身を開けてみるので確認は不要

CYMA_CM047C分解_3_開封.jpg
開封
…重い…
今回は某フリマアプリにて1万円程で入手したが、
この重厚感で入手できるなら単純に凄いと感じた

CYMA_CM047C分解_4_外観.jpg
箱から出して左側。
ハンドガード、グリップ、ストックを除いてメタル素材である
ストックを折り畳んだ場合は、しっかりロックされるようフレームに工夫が施されている

CYMA_CM047C分解_5_外観2.jpg
右側
久々に中古で綺麗な個体にあたって若干驚いている

CYMA_CM047C分解_6_night.jpg
AK47と違い、サイドマウントベースがデフォルトで装着されている
つまり B-13レールを難なく装着できそうだ

CYMA_CM047C分解_7_比較.jpg
ということで手始めに B-13 と PK-3 を付け替える

CYMA_CM047C分解_8_グリップ.jpg
デフォルトのグリップ

CYMA_CM047C分解_9_グリップ底部.jpg
例に漏れず底部のネジを外してグリップが外れる

CYMA_CM047C分解_11_交換.jpg
容易に外れる。配線は綺麗に取り付けられているが…
モーターの端子に半田直付け…
モーターはノーロゴの机モーターのようだ

CYMA_CM047C分解_10_ZENITPK3.jpg
ということでAsuraDynamics製 PK-3タイプ AKグリップを装着する

CYMA_CM047C分解_12_上部比較.jpg
一応デフォルトグリップと比較…と言いたいが、
AK47に取り付けるために PK-3側(左)は 引掛ける部分を切削してしまっているが…

CYMA_CM047C分解_13_差異.jpg
形状はほぼ同じ。恐らく問題ないだろう

CYMA_CM047C分解_14_交換後.jpg
装着後…問題なし

CYMA_CM047C分解_15_レイル装着.jpg
続けて B-13Railも装着
これだけでもフレームは納得の形。AK47ベースから切り替えて良かったと思う一方
まだ物足りないと思い、全体をzenitカスタムしていく路線に舵を切ることにした

CYMA_CM047C分解_17_ZENITハイダー.jpg
ということでサクッと入手出来たものから装着していく
先ずは 5KU製 DTK-2タイプ マズルブレーキ

CYMA_CM047C分解_18_重さ.jpg
マズルブレーキだけで 142g…
どんどん重くして自分はどうしたいのか…と自問しつつも続ける

CYMA_CM047C分解_19_横面.jpg
上部、横面が大きく切り抜かれており、武骨なカッコよさが漂う

CYMA_CM047C分解_20_24mm正ネジ.jpg
24mm正ネジ ⇔ 14mm逆ネジになっている。

CYMA_CM047C分解_23_24mm14mm.jpg
ベースとして 内側の 14mm逆ネジを装着した後、
24mm正ネジの外側部分としてさらに上から装着するようだ

CYMA_CM047C分解_21_ハイダー.jpg
cm047c デフォルトハイダー

CYMA_CM047C分解_22_取外し.jpg
こちらも外側を外すと、内側の24mm正ネジ⇔14mm逆ネジのベースが登場
ベースはイモネジで固定されて止まっているようだ

CYMA_CM047C分解_27_14mm逆ネジ.jpg
全て外すと、14mm逆ネジが現れる。これでマズルブレーキも装着できそうだ

CYMA_CM047C分解_28_マズル装着.jpg
装着後
前面の zenitロゴ DTK-2の文字

CYMA_CM047C分解_29_横面.jpg
横から見てもデンッとした印象を残すマズルに良さを個人的には覚える

以上、ここまで前篇として
CYMA CM047Cの外観とお手軽なzenit外装カスタムを実施
次回はストック…ハンドガードに挑戦か。
スポンサードリンク

この記事へのコメント


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク