エアガンを飛行機で海外に持っていく話

かねてから一年間と海外渡航が決まっていたのだが、
とうとうその日が近づいてきた(※当記事を書いている時は既に国外です)
ということで、海外でサバゲー(AirSoft)をするために海外に
長物電動ガン、電動ハンドガン、エアコキショットガンを中心に、
各パーツ類、バッテリー類を持っていく。今回はそのような単純な話です。

※今回は個人の備忘録でもありますが、もしこの記事を読んでいる方がいる場合は、
 本記事記載内容を完全に鵜呑みにしないで下さい。
 これよりも海外へ正しく輸送する方法があると思いますし、
 渡航先の国の法規制の問題もあります。参考程度にお願い致します。 
 逆にこうした方が良い等あれば教えて下さると有り難いです。

今回、私が渡航するのはチリ、サンティアゴ。
地下鉄値上げを端を発する暴動で少し緊張状態にあるが、
サバゲーが大好きな私は、情勢なぞ知ったことか!!ということで、致し方ありません。
サバゲーに必要な物、メンテナンス道具含めて持っていきます!
チリにはAirSoftという形でエアガンは流通しているし、フィールドもある。
法規制上は問題ありませんでした。
(初速制限については各フィールドに任せている??と思われる)

今回、私が気をつけるタイミングは以下3箇所
 ・出国:日本で荷物を乗せて出国する時
 ・経由:ロサンゼルスで荷物検査を受ける時※
 ・入国:サンティアゴ(チリ)で荷物を受け取り、検査して入国する時
※本来経由地では荷物検査はしないが、アメリカを経由する場合は荷物を下ろして
 簡易検査を実施するとのこと。

上記において、実銃と間違われて追加の検査を受けたり、あるいは無断で破棄されたり
最悪、尋問等を受ける、日本へ強制送還ということがないようにしたいです

ということで今回渡航するにあたり、残念ではありますが、
荷物検査で余計な疑いを避けるべく幾つか縛りを設けることにした。
 ①ガスガン本体(長物、ハンドガン)は持っていかない
  ⇨ 構造上リアルな為。でもマガジンは持っていきます
 ②シリコンスプレー含む缶類を持っていかない
  ⇨ "火気厳禁"表記がない場合は問題ないとのことだけれども無駄な検査を避ける為
 ③持っていく電動ガン等本体は全て簡易分解する
それ以外の弾速計やBB弾,小物パーツ類,カスタムパーツ,メンテ道具はそのまま持っていく

エアガン 航空機 飛行機 電動ガン 持っていく②
早速、③持っていく電動ガン等本体は全て簡易分解する
に従い、分解していく。対象となるのは上記のエアガン達

エアガン 航空機 飛行機 電動ガン 持っていく③
エアコキショットガン M3ショーティ

エアガン 航空機 飛行機 電動ガン 持っていく
チリ渡航用に組んだ、M4長物電動ガンと G18C電動ハンドガン

今回重要になるのは細かなネジ等を紛失しないこと…
海外 航空機 飛行機 エアガン 電動ガン 持っていく チャック袋
百均でチャック袋を購入して、まとめていく
分解については過去の備忘録を参考にして…30分ほど作業

海外 航空機 飛行機 エアガン 電動ガン 持っていく 分解③
分解した全体図が上記

海外 航空機 飛行機 エアガン 電動ガン 持っていく 分解④
エアコキショットガンは簡易分解状態。
基本的にメカボックスまで至らずにフレームやトリガーは残したままにした

海外 航空機 飛行機 エアガン 電動ガン 持っていく 分解②
M4,長物電動ガンはパーツレベルで分解。

海外 航空機 飛行機 エアガン 電動ガン 持っていく 分解
こちらもメカボックスとフレームは残したまま。
電動ハンドガンは少し挑戦的で、スライドを外しただけ…とした

分解作業は以上。
後は受託手荷物としてスーツケースやバックパックに各部品、服等を詰めていった

唯一気をつけたのは、リポバッテリー。
カメラのバッテリーもそうだが、内蔵型出ない場合(取り外し可能なタイプ)は
基本、受託手荷物ではなく、機内持ち込みする方が良いとこと。
また航空会社によってはドローン等のリチウム系バッテリーにも個数に制限があるようだ
今回電動ガン等で利用するバッテリーは容量(ワット数)的にも問題なさそう
 ⇨  リチウム電池:予備電池*1、携帯型充電器のワット時定格量が100Whを超え、160Wh以下
  計算方法…ワット時定格量(Wh)= 定格定量(Ah)× 定格電圧(V)
  私が持参する最大のバッテリーは 11.1(V)×2.2(Ah=2200mAh) = 24.42(W)
  ほとんどのバッテリーは持ち込んでも大丈夫だと思われる
上記より、忘れないように機内持ち込み荷物としてリポガードに入れて輸送した

以上。注意点や縛りはあるものの航空機(JAL,AMERICAN,LATAM航空)にて
海外へエアガンの持ち込みを実施してみた

結果としては、少し拍子抜けする程、問題なく入国することができた
尚、エアガンが積んであることは航空会社職員には伝えていない。
 ⇨ 余計な検査を避けたかったが、場合によってはした方がいいのかもしれない

もし分解せずに…、或いはガスガンがあったら…どうなっていたかは不明であるので
最初にも記載したが、本記事は参考程度にお願い致します。
このようにすれば問題なく入国できた実績が存在します。程度です。

今後、このブログ(備忘録)では、チリ・サンティアゴでのサバゲー事情も記載します
もし閲覧者がいらっしゃれば幸いです。

また完全に趣旨違いなことから、暇なので別ブログも作りました。
リンク集にもありますが…
暇なときに覗いてみて下さい。

早くサバゲーがしたい(今は生活用品集めに必死…あとスペイン語…)

"追記"
向こうのサバゲーマーと仲良くなった暁には、お土産を渡したいということで
お土産 カスタムパーツ 海外
宮川ゴム工業さんのパッキンセットや東京マルイ純正パッキン、
東京マルイのグリスセットを購入してみた…
果たして友達なんできるのかな。。。
スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • PePe

    二昔前に韓国へ出張に行った際ですが、マキタのインパクトドライバーを手荷物として持ち込みました。成田出国は問題無かったのですが、仁川入国の際にエックス線検査で銃器に似た物体があり、要検査として手荷物開封をした事がありました。
    2021年04月17日 22:31
  • だらけたいもり

    PePeさん
    情報提供ありがとうございます。
    持ち手部分がトリガー周りに酷似していたからでしょうか。
    検査担当者の意識の差で対応も分かれそうですし、
    エアガン類に関して無難なのはやはり申告して出国することだと思いますね。
    (とは言え、入国先ですんなり通るとも限らなそうですが…)
    2021年04月20日 21:21

ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています