軽量M4製作記 + PerunV2導入

今回は オリジナル M4製作の流れで
個人的には過去一番最軽量なエアガンを作ってみる

軽量であることはゲームでは結構重要で、
一日走り回っていると 例えば HK417 だと腕が重くて構えるのが辛くなるなど
プレーが雑になることが多かった
最近、私自身のエアガンはどれも3kg未満の軽量化されたものが多いが、
もう少しお金を掛けてみて、軽量化を推し進めたエアガン作りをしてみようと思った。

後は PerunV2の導入も併せて実施。これまで電子トリガーは
EFCSやETU,T238を見たり触ったりだったので 新たに Perun に挑戦する

今回の備忘録はいつも通り画像多め

軽量M4製作記_1_A6082メカボ.jpg
軽量化の一端を担うのが、メカボックス
最近流行りのジェラルミン特に A7075 超々ジェラルミンを使った
RetroArmsが有名だが…私にはお金がそんなにないのである

だから私は ZC。中華の道を歩む者はZC LEOPARD を選択するのである…

一先ず購入したのは
ジェラルミンではなく安価で剛性があり、軽量な A6082 新素材のアルミ合金が使われたメカボ
値段的にもRetro製よりも大幅に安い…大丈夫か…と思いつつ購入してみた

軽量M4製作記_2_フォージングプレス.jpg
ベアリング軸受が最初から圧入されており、
レビューでは回らない軸受があったと報告されていたが…私の場合は特に問題なし
バリも一見見受けられず、構えていた程酷くなさそうである

軽量M4製作記_3.5_重量比較A.jpg
重さを比較してみる
こちらはKingArms製だと思われるメカボ 283g

軽量M4製作記_3.5_重量比比較B.jpg
こちらはDoubleBell製だと思われるメカボ 283g
まぁどちらも不要なメカボなのだが 奇跡的に同じ重さだった

軽量M4製作記_3.5_メカボ筐体.jpg
ではZC A6082メカボはと言うと… 131g
これは軽い。 1/2以上 150g近く軽くなっているのは非常に有り難い。
ちゃんと剛性があれば…だが
まぁ一先ずこうして軽量の一端を担うことになったわけである

軽量M4製作記_3_PerunV2.jpg
Perunはフリマアプリで購入。恐らく並行輸入品
Youtube等にも方法がアップされており 導入は難しくなさそうである

軽量M4製作記_5.5_Perun.jpg
その他セッティングカードや、誤検知防止シール、スペアヒューズが同梱していた

軽量M4製作記_4_その他パーツ類.jpg
パーツ類としてその他集めたのは

・中華製ノーブランド の14枚歯樹脂ピストン

なんとも言えないバラバラな感じである

軽量M4製作記_7_ノズル.jpg
ノズルには珍しい??ことにパッキンが付属されていて

軽量M4製作記_8_ノズルパッキン.jpg
内部にゴムパッキンをはめ込む必要がある
パッキン…気密が向上されるような響き

軽量M4製作記_6_シリンダー等.jpg
シリンダーは ARESメカボに組み込まれていた恐らくアルミ素材シリンダー
一般的に真鍮やステンレスのイメージがあるので、
果たしてこの軽いシリンダーが良いのかどうかは疑問。一先ず軽い

タペットプレートやストレートトリガーは余っていたもの

軽量M4製作記_5_シリンダーピストンヘッドセット.jpg
ピストンヘッド及びシリンダーヘッドは
いつかAliexpressにて購入したサイレント要素のあるものを当初は採用したのだが…
どうも私としては上手く扱えず 最終的には 交換している
(画像途中まではこれが使われている)
初速が恐ろしく低くなってしまったのと、シリンダー内で引っかかる感じがあった

軽量M4製作記_10_ベアリング取り外し.jpg
今回ギアは13:1を使う予定で、サイクルが向上することから
ピストンヘッドは以前のDSG記事でも記載した通り、
スピードを活かす為にベアリングを外す措置を行う

軽量M4製作記_11_仮組.jpg
呼気系の仮組イメージ

軽量M4製作記_20_AOE.jpg
後はメカボにはほぼ必要不可欠な気がしている G.A.W のAOEアジャストスペーサー

軽量M4製作記_21_AOE調整.jpg
しっかりとスペーサーがシリンダーヘッドに適合できるようにヤスリで高さを調整

軽量M4製作記_22_パーツ適用.jpg
綺麗に組み込めた (上述したように不要な作業だったが…)

軽量M4製作記_12_ギアセット.jpg
ギアは SHS製 13:1 トルクではなくサイクル重視のギア

軽量M4製作記_13_セクカ.jpg
万力で押さえてセクカ (セクターカット) を実施する
セクターの歯を予め幾つか削っておくことで、
ピストンクラッシュを予防したり、サイクルを向上させる等の役目があるようだ

軽量M4製作記_14_前後一枚.jpg
今回は セクターの入・出の各1枚,合計2枚の歯をカットしておく

軽量M4製作記_15_ヤスリ掛け.jpg
削った歯にヤスリを掛けて ピストンへの引っ掛かりがないことを確認

軽量M4製作記_24_Perun設置.jpg
ギア及びシム調整が完了したので、Perunやトリガーを設置する

軽量M4製作記_25_Perun別視点.jpg
基板は上下の2枚構成なので
物理スイッチで使用していたネジを流用して基板(下)を留める
配線は既にされており、私は変更せずにこのまま使用

軽量M4製作記_26_配線.jpg
配線はこのようなイメージ

軽量M4製作記_27_セレクタープレート.jpg
セレクタープレートには検知用に白シールを貼り付ける
金具については事前に取り外しておいた

軽量M4製作記_28_プレート設置.jpg
セレクタープレートを設置

軽量M4製作記_30_メカボ完成.jpg
ということで後は上述してきた各々のパーツにグリスを塗布して
メカボセットしていき完了

軽量M4製作記_31.5_メカボ最終版.jpg
メカボ自体を何回か試して ピストンヘッド、シリンダーヘッドを交換して上記が最終形
PerunV2に関しては問題を全く感じることなくすんなり動くので驚き
T238とかに比べて安定しているなぁと実感

ここからフレームやハンドガード等 外装部を記載して全体の完成に向かう

軽量M4製作記_32_フレーム.jpg
フレーム自体は BAD556っぽい 樹脂フレーム
剛性は皆無の 樹脂で軽量を目指すカタチ

モーターは 当初SHS守護神 ハイトルクモーター
現在は 東京マルイのサマコバに変更している

軽量M4製作記_33_TUBERA.jpg
さて軽量に話を戻すと、もう今回の企画のもう一端を担うのがこのハンドガード
G.A.Wさんのホームページから購入した商品で
傷物ということで少し安価で販売したので思わず手を出したもの
正直 一部のサバゲーマからは忌み嫌われそうな見た目だが、
今回の企画趣旨的にはBB弾が発射できればOKかなと思っている…

軽量M4製作記_38_チャンバー面.jpg
セットは簡単で、チャンバー固定のパーツを装着し

軽量M4製作記_35_バレルナット.jpg
バレルナットのようなパーツで固定し、

軽量M4製作記_36_先端セット.jpg
先端を装着するだけ… お手軽で軽くて良いが、
レイルやM-LOK等がないのでオプションパーツの装着は全くできない

173545.jpg
以上で、完成したのが上記である
オフセットジョイントは継続して使用し、
ストックはBAD556っぽいやつを装着してより軽量??にしてみた

173544.jpg
一直線な感じで構えた感じは悪くないが…軽量の結果は

軽量M4製作記_40_軽量確認.jpg
1,405g
想像以上に軽量なM4を仕上げられて満足。
これなら走り回れるのでフィールドで使用してみようと思う
スポンサードリンク

この記事へのコメント


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク