【E&L AKS74N】分解 Part.3/ 内部カスタム perunAB++

前回記事:E&L AKS74N essential廉価シリーズの分解、カスタムを進める前回はメカボックスを取り出すところまで進めたので今回は内部カスタムを中心に備忘録として残す 先ずはセレクターパーツ類を外した段階のメカボックス右側 メカボ左側特にロゴ等もない通常のver.3メカボである。今回はメカボ毎変更してしまうので雑に開帳していく 唯一、このメカボの良い点はQD式であるということ初速変更も容易であるし、分解も楽になる一挙両得感。quick detachable (素早い着脱が可能なスプリング交換方式のメカボは近年においてはあまり珍しくはないのだろうけど… ということで、スプリング、スプリングガイドを外す 配線抑え、グリス飛散防止パーツ(トリガー後ろ)等、メカボを開くのに妨げとなるパーツ類も外す メカボを開く想像以上に汚…くない。cymaとかに比べると綺麗な気がする各パーツを確認する 参考記事:↑ CYMAでは所謂エイリアングリスを拝むことができた 軸受は 9mmこれも最近の潮流なのかもしれないけど非常に大きい… 呼気系パーツ一枚メタル歯のほぼ樹脂ラックピストン、ピストンヘッドフルシリンダー、シリンダーヘッド、ノズルには内側にOリングが仕込んであるのは拘りを感じる ピストンはよく見るとラックが欠けてる…これ新品なんだけど…まぁ交換対象なので… シムは上下全て0.5mm1枚ずつ…すごい… タペットプレートにはロゴやはりパーツ類はLAND ARMSが担当していること…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク