【E&L AKS74N】外装分解 Part.2 / zenitカスタム

前回記事:引き続き E&L製 AKS74N の外装を分解していく前回はフレームとフロント一式を分離させるところまで進んでいる 前回取り外したマグウェル、チャンバー固定ネジ一式 アウターバレルと、フロント一式の分離と共に取り外せたロアーハンドガード 上がアッパーで、舌がロアーハンドガード廉価版でウォルナット/木製である。今回は当初の目的通り、Zenitカスタムにしたいのでここでお役御免となる予定 HOPチャンバーとインナーバレルを外すためにメカボックスとチャンバーを留めているネジを外す チャンバーアセンブリを取り外した後の状態 メカボ分解は後に控えているが、樹脂ノズルが赤いのは珍しく感じる チャンバーE&Lのパーツ担当であるLAND ARMSのロゴが彫られている ここから zenitカスタムのうちの一つ、ハンドガード B-30,31の取付可否を確認していく。(CYMA製 AK74Mはここで最終的に撤退したため)ロアーについてはリテーナーにある程度当たりよくセット可能だ 上記、末路記事 未加工でリテーナー部分に若干ズレが生じるもののこの時点で固定に問題はない恐らく内部を軽く切削することで調整可能 フレーム側への挿入部分はそれなりに加工を実施とは言え、大きく削るような必要性はなかった ハンドガードリテーナーのレバーも正確に戻せるここまで不安要素なし! 続いてアッパーハンドガードを確認していく ガスチューブと分離させるためハンドガードの片側(手前部分)をハンマー…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク