【HK416】次世代_軽量化③内部カスタム(DTM-N)

軽量化カスタムの続き ▽過去記事 上記が軽量化のほぼ全ての為、今回はあまり軽量化ではないが、ひと続きのシリーズということでまとめる 今回は、東京マルイ製次世代電動ガン HK416 の内部をカスタム主に実施するのはBigOut製 国産電子トリガー DTM-Nの導入である。またその他にも内部パーツ交換、トリガー交換も実施する(備忘録のため写真多め) 先ずは前回から分解を続ける アッパーフレームを外した後(※メカボ上後方にロアーフレームとの隙間を埋めるパーツが左右にあるので紛失注意)メカボ上部のチャージングハンドル周辺部を外していく 恐らくチャーハンは直ぐにポロっと外れ、メカボ上の突っ張り部分を外すとダミーボルト等が外れる 突っ張り部分。組み込み直せるように先に進む前に何度か練習 続いてグリップの底を外す六角ネジ2本で底部を留められている モーターは 東京マルイ製 EG-1000前オーナーによりSBDが装着されていた今回はモーターも交換する モーターについては BigDragon製 M160モーターを採用Aliexpressで3000円弱で購入。より高レスポンスになると思われる 続けてグリップ内のネジを2本外してグリップを取り外す併せてアンビセレクターの歯車パーツが外れるので注意 ロアフレームとメカボを繋ぐロックピンをハンマーで叩き外す トリガーピンも叩いて外すちなみにこの筐体は非常にトリガーピンが緩くて軽く手で押すだけで外れた 続いてマガジンキャッチを外すここら辺は一般…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています