軽量M4製作記 + PerunV2導入

今回は オリジナル M4製作の流れで個人的には過去一番最軽量なエアガンを作ってみる 軽量であることはゲームでは結構重要で、一日走り回っていると 例えば HK417 だと腕が重くて構えるのが辛くなるなどプレーが雑になることが多かった最近、私自身のエアガンはどれも3kg未満の軽量化されたものが多いが、もう少しお金を掛けてみて、軽量化を推し進めたエアガン作りをしてみようと思った。 後は PerunV2の導入も併せて実施。これまで電子トリガーはEFCSやETU,T238を見たり触ったりだったので 新たに Perun に挑戦する 今回の備忘録はいつも通り画像多め 軽量化の一端を担うのが、メカボックス最近流行りのジェラルミン特に A7075 超々ジェラルミンを使ったRetroArmsが有名だが…私にはお金がそんなにないのである だから私は ZC。中華の道を歩む者はZC LEOPARD を選択するのである… 一先ず購入したのはジェラルミンではなく安価で剛性があり、軽量な A6082 新素材のアルミ合金が使われたメカボ ⇒ ZC LEOPARD V2 QD フォージングプレス A6082 CNCメカボックス for AEG M4値段的にもRetro製よりも大幅に安い…大丈夫か…と思いつつ購入してみた ベアリング軸受が最初から圧入されており、レビューでは回らない軸受があったと報告されていたが…私の場合は特に問題なしバリも一見見受けられず、構えていた程酷くなさそうである 重さを比較してみるこちらはKi…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク