【ARES/EFCS】DSGカスタムに挑戦

タイトル通り、前々から気にはなっていたもののなかなか手を出せずにいたのがDSG (ダブルセクターギア) を利用したカスタム ハイサイクルにはめっきり興味はないが、レスポンスも向上するという観点では非常に関心がある一方、ピストンクラッシュを引き起こす可能性等、失敗の代償は大きいイメージがあり、それなりの知識が必要な認識があった しかし千葉の某有名屋内フィールドのオーナー大門団長さんが以下のような動画を投稿 内容はとても丁寧で、分かり易いのでDSG初心者でも要所を掴めばトライできそうな気がする…ということで この動画を参考にカスタムしてみることにした 筐体は ARESのver.2メカボ つまり EFCS である。EFCSはネオジム磁石を利用した電子トリガーで、結構昔から先人によってプリコックやDSGの知識がネット上で確認できる代物。こちらをベースに組み込みをしていく まずはメカボを開いて、パーツの要 / 不要 を確認 ARESメカボの純正シリンダー/シリンダーヘッドは交換することにした ではDSGカスタムスタート パーツ選びとして先ず初めにモーターBigDragon製 M160モーターを採用ハイサイ狂ではないので、トルク型の比較的レスポンス重視のモーターにする(慣らし済) ピストンは ノーブランドの 14枚歯フルアルミティースのピストン大門団長は SHS製 14.5枚歯を使っていたがまぁ当然のように削るので、あまり違いはないと思われる ピストンヘッドはこちらもノーブランドの樹脂…

続きを読む

【HK416】次世代_軽量化カスタム①ハンドガード

新年明けて 2021年 初っ端は東京マルイ製 次世代電動ガン HK416D の記事から開始 以前、HK417 の記事を幾つか掲載しているが、今回のHK416 は 最近 私の中で 一本化しつつあるテーマ "軽量なエアガン" の題材としたい ▽過去記事HK417でも軽量化は ハンドガード周辺、リコイルオミットと続いたが、HK416でも同様に進めていく形となる。手始めにハンドガード周辺を分解し、BB弾の発射機構としては不要なダミーのガスチューブ等の取り外しや、ハンドガード自体の交換作業を実施する。 先ずは本体 今回も中古で購入。傷などは少なく美品な感じ。次世代電動ガンは優秀なメカボ ver.2改を備えているものの、基本的に重いのがネックと言われているとかいないとか 初期重量は2.9kg (マガジン、バッテリー、アイアンサイトなし) 軽量化の課題となるのか先ずはハンドガード周辺10inchぐらいの初期ハンドガードは個人的にあまり好きではないので交換していくまた併せて 発射機構として不要な ガスチューブ、ガスブロックも外す HK416特有のネジを一本外すしかしこれが非常に硬く、一つの関門でもある本来は専門工具を使うべきではあるが…今回は自力で対応 潤滑スプレーを塗布し、ドライヤーで熱してネジロックを溶かしながら百均で販売していたプライヤーでグイっとやると外せた ハンドガードを外した状態アウターバレル周辺にあるダミーのガスブロック等を取り外す 先ずはガスチューブの本体側の根元を引き抜く ハ…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています