【M&P9c】インナーバレル交換

今回は作業備忘録 少し前に購入したガスハンドガン用 インナーバレル 138mm をWe-tech M&P9c に導入するコンパクトな見た目でバレルが長いとか…恰好良いのではという若干とち狂った考えだが、、、いざ実践 分解自体は容易で以前の記事でも扱っている ⇨ 過去記事 ホップダイヤル動作改善_チャンバー加工 尚、交換予定のバレルはこちら (一応メイプルリーフ製) MONSTERというブランド 138mm インナーバレル恐らく年代物のバレルでもはや検索しても 詳細は不明。メイプルリーフが過去にしていたセット売りのような…感じだろうか珍しい??のは パッキンも付属してくること一先ずメイプルリーフなら大丈夫でしょ…という安易発想余り出番のない M&P9c に少しでも光よ当たれ 交換作業は当然容易である サクッと交換し完了 おおお…良い感じに飛び出ている…一角のような見た目このままでは見目麗しくないので、以前購入したサイレンサーアダプターを利用 ⇨ 過去記事 SLONG AIRSOFT サイレンサーアダプター 11mmCW → 14mmCCW 少し長めのサイレンサーを装着して…どうだろうか…微妙か 尚、初速は0.25g で 70m/s前後気温は12月初旬の東京…屋内15℃くらいだろうか 一先ず屋外で弾道等をみるのは春になってからだろうか果たして 光は当たるのか…また結果を記事にしようと思う

続きを読む

PDWストック "XM-T01" を装着してみた

今回は ストックに焦点を当てた記事 これまで私にとってのストックに立ち位置はバッテリーの格納場所である見た目どうこうよりも 如何に 配線に対して"余裕"をもってセーフティで"楽に"バッテリーを格納できるかということが重要だと考えていた。 結果として APS製 RS-1 ot RS-2 といったストックを重宝した(最近で言えば LCT製 LTSストックも同様である) しかし短いM4を作りたいという欲望の元外装へのこだわりが少し心に垣間見えたタイミングで今回の対象である PDWタイプのストックに焦点を当ててみた 購入したのは Aliexpress にて販売されている ⇨ XM-T01 PDWストック 尚、先に報告するが、中華メカボの型式としてJinming8 (XM316) と Jinming9 (416・556)のある2種が存在するようだが、一般的な M4 のストックパイプと互換があるのはするのは後者のようだ 上記のURLは 前者のタイプで私はこれを購入してしまったので無駄な作業が存在したので、もし購入する場合は後者が良いと思う(型番は XM-T01a となるようだ) 早速装着作業を行う 箱の中には 説明書はなく、ストックが鎮座しているだけ(上記以外に固定用プレートとピンが付属していた) ワイヤーを伸縮するためのボタンストックの下部に存在する 装着に向けて、先ずは伸縮ボタンを押してワイヤーストック部とパイプ部を分離させる ストックパイプ部と 伸縮ボタン部は 上部のネジで固定する…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク