[ 流速 ] M4PDW組合せ [ T238 ]

今回は外装としてはM4 PDWタイプそして内部はT238電子トリガーと 流速の組合せを構築する とは言えショートカットというか内部はチリにて個人的に初めてT238を導入した筐体DoubleBell M4 を利用する。(故に基板バージョンは v1.5) ⇨ ・T238 DTU Programmable MOSFET 導入作業 (基板ver1.5) 先ずは導入予定のパーツ類などを紹介移管元のメカボが左手移管先が右手。 右手のメカボは恐らくKingArms製と思われる。 尚、移管する理由は DoubleBellのメカボが非常に質が悪く(軸受けの溝が片方のガワだけ存在しない…とか…)調整が面倒な個体であるためだ。 KA製は至って普通の ver.2メカボックス。今回は余りものパーツを繋ぎ合わせていく 今回は、流速 ということで フルシリンダーを使用またアルミピストンで重りを追加するつもりだったが例の如く、このフルアルミピストンは使い物にならなかったので後述にて排除している ギアは SHS製 18:1 を利用し、セクターギアクリップを追加している同じく右上の金色のシリンダーヘッドもSHS製を採用。 右下のピストンヘッドは非常に重いアルミピストン。どこ製かは不明。一先ず重い!! チャンバーはDoubleBellを流用トリガーは以前にパトリオットで採用していたノーブランドの ストレートトリガー を採用した。スプリングは M120流速向けとしては若干弱めのスプリングだと思うけど…恐らく問題ないだろう…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク