【MP7A1】簡単内部カスタム

前回は01バレルを導入し、242cm ⇒ 220cm というバレルカットに調整したが、初期型のせいか、MP7は 初速80m/s弱といったところ・・・もう少しパワーアップさせたい…ということで裏で glockカスタムをしていることもあり、どうせなら内部カスタムにも手を染めてしまえーと思い立ち寿命を縮めるスプリング交換を実施した。 今回交換する内部パーツはLayLax製品で統一。特にパワースプリングは アングス製EXスプリングと違い、メカボックス全体に大きく負荷をかけないことで推奨されていたことが決定打となったのだが・・・当然のように 電拳さんサイトを参考にしています! 可愛いマイクロメカボックスを分解していく 先ずはスプリングテンションの開放ということで軸受近くの穴の中のバーを細いドライバーか何かで押してあげる ネジを上下左右の4本のネジを外す 外しても特に弾けるようなことにはならず・・・問題はここからだったのだが… 見事に失敗。思いっきし爆散させてしまった。電拳さんではスプリングガイドを押さえながら、ガワを外しそれからスプリングをひょいと引き抜くように記載されていたが、仕方ない・・・失敗は失敗だ。慎重さが足りなかった シリンダーやピストン、ギア(ベベルギア以外)を外してパーツ入替の準備をする今回は軸受は交換せず、プラ軸受のままにするので、モーター等は外さない 違う角度からも載せる (無駄な慎重さ) 取外したパーツが上記。シリンダーとスプリングを交換する やはりヘタっているからだ…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク