【パトリオット】ショートストロークスイッチ導入( + プリコックFET)

以前、スプリング強化や後方配線化&オフセットジョイントを配備したM4 Patriot。HCを活かしたフルオートは気持ちが良いが・・・それは分かるのだが・・・正直、自分はセミオンリーなのである。(チームの人曰く「リトルヘッド行くと、皆そうなる」とのこと)つまりトリガーレスポンス重視で、且つ、物理スイッチによるスイッチ焼けが嫌に気になるのである ということで、今回はHC故に、元々レスポンスが良いことを活かし、ショートストローク化する勿論、トリガーもストレートトリガーに変更。またこれまで同様アマ大さんのプリコックFETを導入する(正直、電子トリガー化以外の選択肢でレスポンス向上はこれしかないのでは・・・と信者化しつつある) ショートストロークスイッチは当然ながらStingerオーナー大門団長さん企画の商品を使う⇒ Ver.2組込方法最近なのか、似たような製品もあるので比較するのもいいかもしれない⇒ STACK製ショートストロークスイッチ 今回も前回の備忘録に引き続き、あまり写真が撮れていない。しかもtwitterでアマ大さん、大門団長さんに沢山のアドバイスを頂いて進めたのもありかなり焦ってしまっている。その気持ちはいつまでも忘れないでしょう。。。 今回使ったストレートトリガーはAliexpressで長い時間をかけて配送してもらったもの【ノーブランド品】ストレートトリガー当時は440円だったみたい。 ということで早速、純正のスイッチ部品を交換していく  上記写真のカットオフレバーの…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク