【G&G GC16 MPW9】チャンバー・パッキン・スプリング交換備忘録

12月中旬頃にひっそりと(中古で)購入したG&G製のGC16シリーズ MPW9WildHogが有名だけにあんまり目立たないが、同じイフリートモーターを積んだ電子トリガーに期待が高まってはいます実家に帰省したタイミングで少し弄ってみたのが今回の備忘録。今回はチャンバーアセンブリを学ぼうということで、初めてチャンバーやパッキン、押しゴムを交換してみた。(あと分解してスプリングも)購入してきたのはライラクス製メタルチャンバーPDI製 Wホールドチャンバーパッキン有名な電気なまず(甘口)これらを使ってチャンバーアセンブリ周辺を見直してみる只…思いの外、作業は簡単だったサクッとハンドガード付け根にあるアッパーのフレームピンを叩いて押しやる※引き抜けません。途中で止まるので叩き過ぎ注意そうするとアッパーフレームが引き抜ける既にチャンバーが見えている…チャンバー全体近くでみるとこんな感じG&G特有の固定部品が存在しているのがわかるチャンバー自体を比較するとこのような感じ今回ライラクスのメタルチャンバーを採用した理由はダイヤル式だからだ縦方向でHOP調整する場合、弾の威力で調整位置がズレる可能性があることを知り横方向であるダイヤル式に辿り着いたのである(SIG552やHK417もダイヤル式だった。PATRIOTは違うなぁ…)まずは純正チャンバー及びパッキンを外す。グリスでベタついているが、そこまで力入れることなくパッキンは引き抜けたメタルチャンバー部品設計書を見ながら仮組みしていくが、ここもそこまで難しい…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク