【E&L AKS74N】外観レビュー

過去のzenit化計画が個人的に失敗に終わり 真因は当然、私自身の調査不足である。・東京マルイ スタンダード電動ガン AK47・CYMA CM047c  (AK74M)これらは所謂 レシーバーやハンドガードの造りがマルイベースとなっており、私が保有するレプリカパーツと不適合であった。レプリカパーツは実銃に近い形式が採用されており、VFC, LCT, E&L, RS 等 が適合すると思われる。 ということで今回は、2021/04末頃に新発売された製品を購入E&L essentialシリーズ AKS74N である。実は 秋葉原のECHIGOYAで店舗購入したのだが、新品本体を店舗購入をしたのは初めてでかなり店内でテンパったのは言うまでもない… ということで折角なのでカスタムする前に各所の外観を観察していく。 E&L は 実銃製造技術を持つEMEI社とトイガン関連パーツを販売する LandArm社のそれぞれの頭文字でリアルな外見を持ちつつも実用性に長けた製品をリリースしているメーカーで極めて剛性の高いスチールプレス, 実銃同様のリベット留め、木製ハンドガードで構成されていることでリアル派のユーザーには一目置かれた存在だと思われる (≒ 高価)参考 : E&L Airsoftについて 今回購入したEssentialシリーズは一般的な E&L製品に対する廉価版価格を押さえつつもユーザーが求めるリアル部分を残した、外観や内部含めてカスタム前提なら納得出来るような商品の…

続きを読む

【CYMA CM047C】zenit内外装カスタム 後篇-2 ( メカボ取出 ) と末路

▽前回記事CYMA製 CM047c (AK74M)についてはラスト記事前回は フロント部分を分解, ハンドガードを交換する直前まで至っているが、aliexpress経由で購入したハンドガードが到着するまで 一旦メカボを取り出しまで進める レシーバーからメカボを取り出す先ずはセレクターからスタート セレクター上部のカバーには微かに凹みがあるのでそこに極小マイナスドライバーを挿し込む等して外す カバーを外すとネジが出現。取り外す ネジを外すと上記の状態、全て取り外す セレクター類。構成はマルイベースということでAK47と酷似している 以上でセレクター類の取外し完了。 続いてグリップの底ネジを外すグリップは最初の記事で zenit PK-3に交換してある グリップを取り外すと、メカボックスは上部へに引き抜ける状態 取り外したVer.3 メカボックスモーターはロゴのない机モーター? メカボックス左側。シリンダーにポートはなく、フルシリンダーのようだ レシーバー後方にあるストックロック機構 早速モーターホルダーを外そうと気づくなんだこの赤いのは…仮にネジロックだとしてもこのネジ頭に塗布する意味の無ささ…チームの先輩曰く 締めたことをチェックする為の"トルクマーク" なのではないかとのこと回しにくいから止めて欲しいところだ モーターホルダーを分解 メカボ上部の配線押さえも兼ねたカバーを外す トリガーの後ろにあるグリス跳ね防止のプラパーツを外して後はご開帳を待つのみ。CYMA製…

続きを読む

【CYMA CM047C】zenit外装カスタム 後篇-1 ( フロント分解 )

▽前回記事 CYMA製 CM047c (AK74M)を色々Zenitパーツの外装変更してきたが、後篇ということで内部カスタム及び、ハンドガード交換に向けて分解作業を実施する想像以上に画像が増えたので、後篇を2回に分ける。その一回目。 先ずは分解の為に、外装を外していく。先ずはレールマウント。 次にデッキロックを押してトップカバーを外す。 デッキロックにダミーボルトのガイドロッドが引っ掛かっているので外す 取り外した状態、これでダミーボルトを外せる ダミーボルトキット及びデッキロック ガイドロッドの先に小さなスプリングが埋め込まれているので紛失に注意 ダミーボルト類を外した状態の上部。既にメカボ上部が見えている 続いてリアサイトブロックに移る ハンドガードラッチ部分はネジで留められているので外す ハンドガードラッチを引き抜いた状態アッパーハンドガードを外す際に東京マルイベースのcm047cではこの部分は動作させないので所謂ミーニング痕(??)は発生しないようだ 引き抜いたハンドガードラッチ脱線するが、AK関連パーツ名称等が正しいのか不明これはテイクダウンレバーという人もいれば、ハンドガードリテーナーという人もいた多分後者は違う。また傷をミーニング痕というのも正しいのだろうか…知っている方いれば教えてほしい 続いてマズルを外すここは14mm逆ネジが見えるまで全て外してしまう クリーニングロッドの手前、フロントサイト下のネジを外す ネジを外すことでクリーニングロッドが引き抜…

続きを読む

【CYMA CM047C】zenit外装カスタム 中篇 ( ストック交換 )

前回記事前回はB-13マウントレール及び PK-3グリップを装着した AK74M (cm047c)今回は ストックを交換してzenitカスタムを加速させる 先ずは 現在の ストックがこちらAK74M の M が示す近代化された プラ製ストックである ロック解除ボタンを押下すると、折り畳みが可能で、基部は 一本のピンで固定されているようだ さて今回の変更パーツ 5KU製 zenit PT-1タイプ AKフォールディングストックお値段は 1万円前後が相場なようだCYMAの他にも LCT, GHKに対応可能とのこと… E&Lはだめか ということで早速中身をチェック 左側。基本軽量なアルミ製で、ストックパッド部分はゴムである 右側。zenit社, PT-1ロゴがある。肉抜きされているしやはりお洒落感。尚、ガタツキ防止の為のパーツも付属していた ロゴ部分  早速取り付けるためにストックピンを確認する下部から… 上部から…トップカバーを外して比較してみると 上部の穴の方が若干大きいので下から上に叩くのが良さそうだ。 ということで早速 プラハンマーでコツコツと叩く。楽にピンは抜けていく。案の定 上部にはローレット加工されている サクッっと取り外せたので早速 PT-1ストック装着する 装着部分も同様で適合しそうである 仮当てしてみると問題なさそうなのでそのままストックピンを挿し込む 今度は上から尚、ガタツキ防止パーツを使用する場合は、この段階でセットしておいても良いだろう私の場合…

続きを読む

【CYMA CM047C】外観 及び zenit外装カスタム 前篇

前回記事さて前回の廃案から一夜明け、私の手元に届いたのは一つの長い箱 CYMA製 CM047C である cymaには コピー元 及び 幾つかシリーズが存在し、例えばこの CM047Cは AK74M に該当するそしてコピー元は 東京マルイ をベースにしている。 同様のタイプとして CM040Cがあり、こちらは AK74M であるが、 VFC をベースにしている。 次に少しAK74について調べてみた…AK74M の"M" はロシア語の "модернизированный" 英語でいう modernized 近代化となり、 元来のAK74に対し、折りたたみ式銃床(ストック)がプラ製になり、銃床右側にスイベルが装着されたりしたようだ今後ともこの AK という存在には魅力を感じるので知識を蓄えていきたい。 内容の乏しい説明は置いておいて、今回は前回の廃案になった東京マルイ AK47 から 戦場を CYMA CM047C(AK74M)に移し、ZENITカスタムを推し進めていく 先ずはカスタムする前に外観の確認 箱には初速表…信用ならないが どうせメカボの中身を開けてみるので確認は不要 開封…重い…今回は某フリマアプリにて1万円程で入手したが、この重厚感で入手できるなら単純に凄いと感じた 箱から出して左側。ハンドガード、グリップ、ストックを除いてメタル素材であるストックを折り畳んだ場合は、しっかりロックされるようフレームに工夫が施されている 右側久々に中古で綺麗な個体にあたって若干驚いてい…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク