【E&L_AKS74N】分解_Part.4/zenit外装カスタム

前回記事 : これまで E&L essentialシリーズ AKS74N を分解し、zenit B-30,31 ハンドガードの取付を確認。前回は 内部カスタム編 ということでperun AB++ を中心に メカボックスの完成を記事にした 今回は最終章として 課題となっていた ストック 部分の外装カスタムを実施して総仕上げとするでは早速 ストックピンの箇所について E&L ストックピンについては 調べれば調べる程、多くのカスタマーが苦労している痕跡がある例に漏れず、私もその一人だったようで 六角ドライバーの後端をプラハンマーで思いっきし叩いたところで ピンはウンともスンとも言わず… ( 最終的にドライバーを破損 そこで 玄能 と ピンポンチ を購入。適材適所ということで正しい工具を使って対応することにしたカインドリコ 八角玄能 225g モクバ印 ピンポンチ 4mm×150mm(ブリスターパック入り) E94.0 結果としては 大成功 ということでオイルを流し込みながらしっかり叩くことで抜くことができた どんだけ硬いんだ…とプラハンマーで思っている場合は、金属ハンマーを試してみてほしい 続けて zenitレプリカパーツ PT-1ストックを装着していく基部の穴を確認すると ピンが幾分か太いので 慎重に拡張して ストックピンが問題なく刺さるように調整そもそもE&L用に 基部が整形されているストックが販売されているのでそれを購入するべきであるしかし私の場合はもう購入…

続きを読む

【E&L_AKS74N】分解_Part.3/perunAB++

前回記事:E&L AKS74N essential廉価シリーズの分解、カスタムを進める前回はメカボックスを取り出すところまで進めたので今回は内部カスタムを中心に備忘録として残す 先ずはセレクターパーツ類を外した段階のメカボックス右側 メカボ左側特にロゴ等もない通常のver.3メカボである。今回はメカボ毎変更してしまうので雑に開帳していく 唯一、このメカボの良い点はQD式であるということ初速変更も容易であるし、分解も楽になる一挙両得感。quick detachable (素早い着脱が可能なスプリング交換方式のメカボは近年においてはあまり珍しくはないのだろうけど… ということで、スプリング、スプリングガイドを外す 配線抑え、グリス飛散防止パーツ(トリガー後ろ)等、メカボを開くのに妨げとなるパーツ類も外す メカボを開く想像以上に汚…くない。cymaとかに比べると綺麗な気がする各パーツを確認する 参考記事:↑ CYMAでは所謂エイリアングリスを拝むことができた 軸受は 9mmこれも最近の潮流なのかもしれないけど非常に大きい… 呼気系パーツ一枚メタル歯のほぼ樹脂ラックピストン、ピストンヘッドフルシリンダー、シリンダーヘッド、ノズルには内側にOリングが仕込んであるのは拘りを感じる ピストンはよく見るとラックが欠けてる…これ新品なんだけど…まぁ交換対象なので… シムは上下全て0.5mm1枚ずつ…すごい… タペットプレートにはロゴやはりパーツ類はLAND ARMSが担当していること…

続きを読む

【E&L_AKS74N】外装分解_Part.2/zenitパーツ

前回記事:引き続き E&L製 AKS74N の外装を分解していく前回はフレームとフロント一式を分離させるところまで進んでいる 前回取り外したマグウェル、チャンバー固定ネジ一式 アウターバレルと、フロント一式の分離と共に取り外せたロアーハンドガード 上がアッパーで、舌がロアーハンドガード廉価版でウォルナット/木製である。今回は当初の目的通り、Zenitカスタムにしたいのでここでお役御免となる予定 HOPチャンバーとインナーバレルを外すためにメカボックスとチャンバーを留めているネジを外す チャンバーアセンブリを取り外した後の状態 メカボ分解は後に控えているが、樹脂ノズルが赤いのは珍しく感じる チャンバーE&Lのパーツ担当であるLAND ARMSのロゴが彫られている ここから zenitカスタムのうちの一つ、ハンドガード B-30,31の取付可否を確認していく。(CYMA製 AK74Mはここで最終的に撤退したため)ロアーについてはリテーナーにある程度当たりよくセット可能だ 上記、末路記事 未加工でリテーナー部分に若干ズレが生じるもののこの時点で固定に問題はない恐らく内部を軽く切削することで調整可能 フレーム側への挿入部分はそれなりに加工を実施とは言え、大きく削るような必要性はなかった ハンドガードリテーナーのレバーも正確に戻せるここまで不安要素なし! 続いてアッパーハンドガードを確認していく ガスチューブと分離させるためハンドガードの片側(手前部分)をハンマー…

続きを読む

【E&L_AKS74N】外装分解_Part.1

前回記事:今回からがっつり分解パートからの内部カスタム、zenitカスタム織り交ぜで進行する備忘録の為、写真数が多く幾つか細かく分けて記載する。 先ずはハイダーの取り外し24mm正ネジを外す。中からちょびっとだけインナーバレルが露出 続いてトップカバーを外す中は一般的なAKの様相。チャンバーとver.3メカボの上部である 日本語の取扱説明書を確認 デッキロックを押下ver.3メカボ上部の溝から取外し、併せてダミーボルトガイドロッドの端をデッキロックから外す ガイドロッドをダミーボルトから引き抜いたらダミーボルト自体を本体後端まで下げると上部に引き抜ける デッキロック及びダミーボルトとそのガイドロッド 分解図2 フロント方面ここもしっかり確認して続ける ハンドガードラッチを押し上げる(少し固め)このタイミングでAK特有の痕が残る ラッチを上げると、ガスチューブ及びアッパーハンドガードが外れる。尚、AK 電動ガンの場合は、このチューブ内にうなぎバッテリーが挿し込む ロアーハンドガード側廉価とは言え、リアルウッドは内側含めて素敵だ 前方のハンドガードリテーナーのレバーを押し上げる(結構固い) レバーを最後まで倒す固い為、ペンチを利用。分解傷は致し方ないと独り言ちて納得する ついでにクリーニングロッドを引き抜く 続いてリアサイト下のイモネジを緩める奥と手前に2ケ所有り。これを外すことがフロント部分解に重要 六角ネジを駆使してなんとか緩めることに成功(組み直しが面倒な予感 続…

続きを読む

【E&L_AKS74N】外観レビュー

過去のzenit化計画が個人的に失敗に終わり 真因は当然、私自身の調査不足である。・東京マルイ スタンダード電動ガン AK47・CYMA CM047c  (AK74M)これらは所謂 レシーバーやハンドガードの造りがマルイベースとなっており、私が保有するレプリカパーツと不適合であった。レプリカパーツは実銃に近い形式が採用されており、VFC, LCT, E&L, RS 等 が適合すると思われる。 ということで今回は、2021/04末頃に新発売された製品を購入E&L essentialシリーズ AKS74N である。実は 秋葉原のECHIGOYAで店舗購入したのだが、新品本体を店舗購入をしたのは初めてでかなり店内でテンパったのは言うまでもない… ということで折角なのでカスタムする前に各所の外観を観察していく。 E&L は 実銃製造技術を持つEMEI社とトイガン関連パーツを販売する LandArm社のそれぞれの頭文字でリアルな外見を持ちつつも実用性に長けた製品をリリースしているメーカーで極めて剛性の高いスチールプレス, 実銃同様のリベット留め、木製ハンドガードで構成されていることでリアル派のユーザーには一目置かれた存在だと思われる (≒ 高価)参考 : E&L Airsoftについて 今回購入したEssentialシリーズは一般的な E&L製品に対する廉価版価格を押さえつつもユーザーが求めるリアル部分を残した、外観や内部含めてカスタム前提なら納得出来るような商品の…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています