Rapidfire マイクロドットサイトプロテクター を実装する

AliexpressにてTrijicon RMRタイプのドットサイトを購入 ▽購入元SHOPAliExpress.com Product - Drop Shipp 3.25 MOA Red Dot Sight Collimator Glock 19 Reflex Scope Hunting Adjustable LED Low Picatinny Rail Mount RM06-C-700673 購入してみたはいいけど、保護レンズというかプロテクターがないとなかなか実戦できないなぁと思っていた矢先、そういえばかなり前に41PX が販売した格安プロテクターが有名になっていたことを思い出し、早速購入してみた。 それがこちら、Rapidfire マイクロドットサイトプロテクター for VectorOptics 恐らく41PXのお得意先 VectorOptics 専用品的な存在だと思われるが、税込 580円という安さに惹かれて、なんとかなるだろうという気持ちで入手早速実装していく イメージではこのようにドットいサイトの下に配するはず 固定ネジを外して、下穴を確認する むむむ…やはりプロテクターが想定したドットサイトタイプと異なる為、ネジ穴部分がプロテクターと重なってしまっている、、、削ろう ということで若干慎重に削ること5分程で完成ポリカーボネート樹脂なので少し白く加工痕が残ったが、まぁ強度に問題はないだろう 問題なくセットすることができた。後は手でグイッと前面部を曲げてやる必要が…

続きを読む

サマリウムコバルトモーターを修理した話 ( ブラシ交換 )

今回は、中古購入した東京マルイのサマリウムコバルトモーターがたまに動作不良を起こすので少しだけ分解して修理してみた話。 尚、モーターの構造などはあまり理解していないので独自手法である(そもそもそこまで壊れない&カスタムできるものではないイメージ) 今回の対象がこちら現象としては回るときは回るが…何かのタイミングで不動になる。一応原因切り分けとして、別モーターで試すと現象が発生した電動ガンは正常に動作するし、このモーターを入れた別の電動ガンでも現象は発生するということまで検証済み。 軽く分解していく モーターのお尻にあたる部分から分解開始 モーターブラシを押さえているテンション部分を外す テンションスプリングが外れる モーターブラシが引き抜ける反対側においても同様に作業を実施 以上で、モーターブラシの取り外しまで完了したのだが、さっきの時点でなんとなく察し… 左右どちらのモーターブラシも異常に短くなっていることが判明上記では一番上がサマリウムコバルトモーターのモーターブラシ二段目が 未使用の eg-700 モーターブラシ一番下が、中華机モーターブラシ。やはり比較してもかなり短くなってるのでこれが原因かもしれない。一先ず、新品購入しなくても良さげなので余っていたモーターから取り外してサイズを確認して取り替えてみることに。 尚、その際に、接点復活スプレーを塗布 ヨドバシカメラで以下を購入⇨ 呉工業 KURE NO1424 [接点復活スプレー 220ml] 交換後。特に見かけに変更…

続きを読む

【HK416】次世代 軽量化カスタム③ 内部カスタム(DTM-N)編

軽量化カスタムの続き ▽過去記事 上記が軽量化のほぼ全ての為、今回はあまり軽量化ではないが、ひと続きのシリーズということでまとめる 今回は、東京マルイ製次世代電動ガン HK416 の内部をカスタム主に実施するのはBigOut製 国産電子トリガー DTM-Nの導入である。またその他にも内部パーツ交換、トリガー交換も実施する(備忘録のため写真多め) 先ずは前回から分解を続ける アッパーフレームを外した後(※メカボ上後方にロアーフレームとの隙間を埋めるパーツが左右にあるので紛失注意)メカボ上部のチャージングハンドル周辺部を外していく 恐らくチャーハンは直ぐにポロっと外れ、メカボ上の突っ張り部分を外すとダミーボルト等が外れる 突っ張り部分。組み込み直せるように先に進む前に何度か練習 続いてグリップの底を外す六角ネジ2本で底部を留められている モーターは 東京マルイ製 EG-1000前オーナーによりSBDが装着されていた今回はモーターも交換する モーターについては BigDragon製 M160モーターを採用Aliexpressで3000円弱で購入。より高レスポンスになると思われる 続けてグリップ内のネジを2本外してグリップを取り外す併せてアンビセレクターの歯車パーツが外れるので注意 ロアフレームとメカボを繋ぐロックピンをハンマーで叩き外す トリガーピンも叩いて外すちなみにこの筐体は非常にトリガーピンが緩くて軽く手で押すだけで外れた 続いてマガジンキャッチを外すここら辺は一般…

続きを読む

【HK416】次世代 軽量化カスタム② リコイルオミット編

前回は ハンドガード含め 外装面での軽量化を実施した ▽過去記事今回から内部面での軽量化を目指す先ずは定番のリコイルオミットを実施するリコイルオミットはリコイルパーツを取り外すことで次世代独特の反動を失くすことである。ロマンを捨てて、ゲームユース(実用性)を優先するという意味でもあると思うし、内部パーツの消耗を抑えたり、バッテリーの持ちを良くするという意味でも効果的だと聞く。そして今回の最大の目的である軽量化を達成できる。 HK417でもオミットにはトライしたことはあるのでサクサクと進める ストックを外して、配線カバー兼ストック位置調整パーツのネジを外していく 尚、私の場合は、すでにバッテリーコネクターをディーンズ(ミニT型)化してあるが、本来であれば、最初にストックパイプ後端に留めてあるSOPMOD用ニッ水バッテリーのコネクターのネジを外してコネクター自体を取り外す必要があるだろう この配線カバーのねじはなめやすく慎重に作業を実施した 次にバッファーリングを緩めるハンドガード編でも登場した 引っ掛けスパナ を利用・旭金属工業 ASAHI TOOLS FK0040 [引掛スパナ40/42] 無事に外すことに成功結構しっかりネジロックは塗布されていたようだが、そこまで手こずることはなかったとは言え、やはり専用工具を使わないなら多少の傷は我慢するしかないだろう バッファーリングを外したタイミングで小さな配線押さえパーツが外れるので紛失に注意 続いてバッファーリングが緩めたことでストッ…

続きを読む

【AK47】Zenit B-13rail 取り付け

もはや 外観が意味不明な形状になってきた東京マルイ製 スタンダード電動ガンの AK-47 であるが、今回は さらに ごちゃまぜにしようと Zenit社のレプリカレールマウントを装着してみようと思う。 スタート時点の キマイラ化しているAKさらにマガジンは AK74用を使用しており、このごちゃまぜ状態はあまり好印象はもたれない気がしている ちばみに Zenit社は ここ最近 AK界隈で有名になっている印象があるが、ロシアの実銃パーツメーカーのようだ→ zenit HP https://en.zenitco.ru/ 今回は上記HPにて記載されていた B-13 と呼ばれるレールのレプリカを購入したので取り付け作業を実施する→ B-13 Rarl 尚、ここに記載されている通り、現代AKを対象にしているのでもはやAK-47 という文字はない AK104,105とか AM74 向けのようだ パーツ右手がレプリカのマウントレール(ロゴ有)左手が レールを装着するためのベースである。AK-47にはマウントベースが存在しない為、それも併せて購入したどちらも当然 Aliexpressである ▽購入元SHOPAliExpress.com Product - WIPSON Russian ak AK47 74 47 B-13 CNC Aluminium 20mm M47 qd Side Rail Red Dot Scope Mount Base Picatinny Cerakote Hunting Al…

続きを読む


ミリタリーランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
↑参加しています
スポンサードリンク